興味本位で安否を尋ねるのは下品である

2018年6月18日。
大阪で震度6の地震が発生した。
幸い、関西在住の友人、知人がSNSやブログで無事だと報告していた。

わたしはその投稿を見ただけで、何もコメントしなかった。
なんと言葉をかけていいかわからないから。
さもわかったような言葉をかけるのは不誠実だと思うから。
だから、地震が発生した日は、何も言わないし、書かなかった。

無事ならそれで良い。

7年前。
東日本大震災の時。

興味本位で安否を訊いてきた人がいた。
「ふざけ半分で聞くな。お前が死ね」と返した。

相手は謝罪してきたものの、今でも許せない。
そいつが津波に流されればいい。
そのような思いしかない。

家族も自宅も無事だったが、部屋の中は荒れた。
食器が割れ、テレビが壊れたと聞いた。
インフラの復旧に1か月かかったとも。

くだんのクズ以外にも安否を訊かれたが、半分は興味本位の聞き方だった。

「家族を見殺しにしたんですね」
「あんたの家族生きてんだ」
そう言われたこともある。

10人中、興味本位でなく安否を聞いた人は3人だけだった。
同情するでもなく、涙を流すのでもない。
ただ淡々と聞いてきた。
それがどれだけありがたかったか。

震災の安否を問われて、穏やかに話せるようになったのは2012年になってから。
精神的に落ち着くまで約10か月かかっている。

興味本位で安否を尋ねるのは下品でしかない。
ときには被災者やその家族、友人の神経を逆なでするだけだ。

ツイッター