小樽の概要をざっくり説明するよ(小樽駅周辺編)

小樽に行きたいかー!

小樽といっても、結構広い。
ざっくりアバウトに紹介するよ。
これ読んでから地図を見ると、理解しやすいかも。

ここが小樽の中心部だ!

図は小樽駅周辺の地図です。
小樽駅、南小樽駅、小樽築港駅を含めてます。

小樽駅~南小樽駅間は約2km。
小樽駅~小樽築港駅間は約2.9kmです(GoogleMapで調べました)。

3駅の中で、小樽運河に近い場所は小樽駅です。
駅から坂を下りてすぐ、小樽運河が流れています。
小樽駅から運河まで徒歩約10分。
道1本です。

どんなお店があるの?

小樽堺町という場所がメインストリート。
オルゴール館、ガラス館(ガラス細工の小物を販売するお店)などが並ぶ観光スポットです。
小樽を一躍有名にしたルタオ(洋菓子屋)、北菓楼、六花亭のお店もあります。

ただし、ルタオ、北菓楼、六花亭は外国人観光客で激混みです。
夏も秋も冬も激混みでした。
イートインコーナーがあるのですが、座って食べるのは無理です。

海鮮丼を食べられるお店もありますよ。
また、運河沿いにも、回転鮨函太郎やラーメン屋などのお店があります。

車と電車、どちらが便利?

車の場合、コインパーキングに停める必要があります。
駐車場の数は少なめです。

札幌、新千歳空港から小樽に足を運ぶのであれば、電車(JR)が便利。
エアポートライナー、区間快速(札幌〜小樽間の区間快速)なら、移動時間は約30分。

そうそう。
札幌駅〜小樽駅間を結ぶ高速バスもありますよ。
約600円で乗車できます。

地図左上の「祝津・余市」ってどんな場所?遠いの?

祝津は小樽市内の町。
おたる水族館や鰊御殿がある場所です。
小樽駅からバスで約40分くらいかな。

個人的な意見ですが、おたる水族館に入場する価値はないです。
入場料¥1500〜¥1800くらいしますが、不気味な生き物ばかりです。

余市は小樽の先にある町。
ニッカウイスキーで有名な場所です。
こちらも小樽駅から離れています。

余市は電車でも行けますが、電車の本数が少ないです。

一つ注意。
余市のニッカウイスキー工場では、ウイスキーの試飲ができます。
試飲するなら、絶対に公共交通を利用してください。

以上、小樽のざっくりした紹介でした。

冬の小樽が好きな道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター