そうだ、北海道行こう。9月の北海道のすすめ

みなさんは北海道に行くなら、いつがいいと思っていますか?

積丹で海風に吹かれながらウニ丼を食たべたいから8月。
富良野のラベンダーを見たいから7月。
いやいや、クリスマスイルミネーションでしょ、ってことで12月。

お気づきだろうか。
ある月が華麗にスルーされていることを。

そう、それは、9月。

9月どこ行ったんじゃー。
9月狙い目なのに。

「えっ、そうなの?」と思った方。
理由は以下。

1) 航空券をハイシーズンより安く買える。

2) 富良野、美瑛の花も一部咲いている

3) 暑すぎず寒すぎず、快適に過ごせる。

4) 札幌オータムフェストが開催される

理由を解説していくよ。

1) 航空券をハイシーズンより安く買える

お盆と年末年始の航空券は値上がりが半端ない。
最低でも往復5万円はする。
ANA、JALはもちろん、SKYマーク、AIR DOもだ。

「LCCなら安いでしょ」
いーや。
そうでもない。
手荷物だけなら安いけど、預ける荷物(トランクなど)があると、ANA、JALと同等の価格になる。
しかも預ける荷物は別に料金を支払わなければならない。
購入がトリッキーなのよ。

9月はお盆もすぎ、年末年始にはまだ早い。
そのため、航空券が安く買えるのだ。
場合によっては往復2~3万円、もしくは往復2万円以内で購入可。

2) 富良野、美瑛の花も一部咲いている

「ウッソだー」と思うかもしれません。
確かに、ファーム富田などの、ラベンダーは終わっています。
ですが、美瑛の四季彩の丘など多様な花を植えている場所では、花が咲いている場合もあります。
こればかりは気候に左右されるから、「100%見られます」とは言えないけどね。

2014年に美瑛に行ったときは、まだ花が咲いていましたよ。
ヒマワリも咲いていました。

3) 暑すぎず寒すぎず、快適に過ごせる

9月の北海道は、夏から秋に変わっていきます。
上旬は暑く(残暑です)、中旬~下旬から秋の気候に変わります。

秋の気候といっても、厳冬期に着るもこもこセーターは不要です。
薄手のヒートテックがあると便利。
薄手の服なら、まだ現地調達が可能です。

4) 札幌オータムフェストが開催される

北海道グルメの祭典、札幌オータムフェスト。
2018年は9/7~9/30に開催されます。
場所は大通公園。

このイベントの何がすごいかというと、北海道グルメを1箇所で食べられること。

考えてみて。
ウニ丼を食べに利尻島に行き、お寿司を食べに小樽に行き、ジンギスカンを食べに長沼町に行き、ウイスキー飲みに余市に行き・・・なんてとてもやってられないでしょ。
お金と時間に余裕がある人ならできるかもしれないけど。

札幌オータムフェストはこのような強行スケジュールを組む必要なし。
大通公園に行って、食べたいものを買うだけでOK。
ウニ丼もジンギスカンもラーメンもワインも地酒もパフェも1箇所で食べられます。
期間中、何度でも。
大通公園への入場は無料、何度でも入退場できますよ。

安心してください。
とうきびワゴンもありますよ。
こちらは通常営業です。
イベントだからといって、価格を変えません。

どうですか?
9月の北海道も悪くないでしょ。
てか、なまらいいよ。
快適に過ごせて、北海道グルメを何度でも楽しめる。
というわけで、北海道グルメを味わいたい方は、9月の北海道旅行をオススメします。

オータムフェストを広めたい道景写真家
夏澄