北海道の紛らわしい地名を挙げてみた件

北海道には、似たような地名がたくさんあります。
一文字違うだけで、まったく違う場所を指すのです。

札幌と野幌

それぞれ、「さっぽろ」「のっぽろ」と読みます。
札幌は都会、野幌は田舎。
ちなみに、札幌~野幌は駅7つ離れています。
野幌が話題になったのは、回転寿しスシローが開店したときです。

名寄と足寄

それぞれ、「なよろ」「あしょろ」と読みます。
名寄は旭川に近く、足寄は道東です。
ピヤシリジャンプ場があるのは、名寄。

江別と江丹別

それぞれ「えべつ」「えたんべつ」と読みます。
江別は札幌の隣町。俳優の大泉洋さんの出身地です。
江丹別は旭川の近く。
丹の字の有無だけで場所さえも変わるのです。

根室と芽室

それぞれ「ねむろ」「めむろ」と読みます。
根室は最東端。
芽室は帯広寄りの場所です。

天塩と天売

それぞれ「てしお」「てうり」と読みます。
天塩は道北。
天売は島です。(天売島です)

美唄と美瑛

それぞれ「びばい」「びえい」と読みます。
美唄は岩見沢寄りの街(岩見沢~旭川間)で、焼き鳥が有名。
美瑛は絶景が広がる道央の街。

宮の森と宮の沢

それぞれ「みやのもり」「みやのさわ」と読みます。
どちらも札幌市内の街です。
宮の森は高級住宅街、宮の沢は白い恋人パークがあります。

由仁と仁木

それぞれ「ゆに」「にき」と読みます。
由仁は温泉の街。
仁木はフルーツの街です。

留辺蘂と瑠辺蘂

どちらも「るべしべ」と読みます。
留辺蘂は北見方面の場所。
瑠辺蘂は美瑛町にある地名です。へき地保育所がありました。

標津と士別

どちらも「しべつ」と読みます。
標津は道東の街です。
士別は旭川よりも北寄りの街です。「サムライしべつ」とも呼ばれています。

増毛と送毛

それぞれ「ましけ」「おくりげ」と読みます。
増毛は増毛町です。
送毛は石狩市内の地名。
悪意しか感じられない地名ですが、由来はアイヌ語です。

札幌と新札幌

新の文字の有無だけですが、だいぶ違います。
どちらも札幌市内。
だけど、新札幌は寂れています。古札幌です。
再開発中ですが、札幌の方が綺麗です。
新の文字に騙されないで!

以上、北海道の紛らわしい地名でした。

北海道の地名を面白がる道景写真家
夏澄