他人のやる気に口出しする人は、相手のやる気を削いでいる

「お前はやる気がなさそうに見える」
学生時代よく言われました。

「よーし!がんばるぞ!」ってタイプではないです。
淡々とすべきことをこなしていくタイプなので。
だから、周囲の目には、「モチベーションの低い奴」と映ったのかもしれません。

でもね。
「やる気なさそう=モチベーション低い」と考えるのは短絡的だ。

モチベーションの意味を辞書で引いてみる。

1) 動機付け

2) 物事を行うための、動機や意欲になるもの。刺激。熱意。

スーパー大辞林より引用

動機なんて人それぞれだろう。
楽しいからやるという人もいる。
収入を増やすためだったり、将来の役に立つためにやるという人もいる。

楽しそうな表情で作業する人もいるだろう。
真剣に、黙々と作業する人もいる。
でも、黙々と作業している人が、つまらなそう、やる気がなさそう、と言えるか?

そんなの人それぞれだ。
外野が判断することじゃない。

だのに。
いちいち人のモチベーションに指図するバカがいる。

あんたが口出しするからやる気なくすんだ。
黙ってろ。

人のやる気に指図するのって、煽り運転と似ている。

考えてみて。
自分が運転している時に、煽り運転されたいですか?
嫌でしょ。
助手席に座っていたとしても、気分の良いものではないですよね。

「やる気を見せろ!」と命令するのは、煽り運転するのと同じ。
他人がとやかくいうことじゃない。

やる気の出し方や、やる気の有無だって、十人十色。
ドラゴンボールのスーパーサイヤ人よろしくメラメラ燃える人もいるだろうし、静かに闘志を燃やす人もいる。
目に見えてわかりやすくやる気のある人だけが、やる気があるわけじゃない。

人のやる気に指図するな。
どのようにやる気を持つかは人それぞれなのだから。

やる気は自分で出す道景写真家
夏澄

ツイッター