興味を持ってほしければきっかけだけ与えて干渉するな

「興味を持て」と命令されるのが大嫌いだ。
なぜ興味の対象を指図されなきゃならんのや。
興味を持てと命令されたものは、すべて嫌いになっている。
物事も、活動も、人も。

「美味しいから食べなさい」
「体にいいから食べなさい」
そう言われて、食べたくなる?
どんな高級食材も、どんな有名シェフの料理も、命令されて食べたいなんて思わないだろう。

興味をもってほしければ、好きになってほしければ、きっかけだけ与えればいい。

好きになるかは相手次第。
その場で好きにならなくても、或る日突然好きになることだってある。

中学生のとき、読書が嫌いな同級生がいた。
漫画を読むのは好きだけど、活字の本にさらさら興味がない人だった。

夏休みに読む本を決めるとき。
「私、この本にする。」と決めて読んでいた。
それから彼女は読書好きになった。

なぜか。
彼女が読むと決めた本は、kinki kidsの堂本剛さんが推薦した本だったからだ。
彼女は彼の大ファン。
ゆえに、「剛くんがオススメするなら読んでみる」といい、本を読んだのである。

バカバカしい動機って思うかな?
不純だって思うかな?

好きなアイドルの推薦図書だから読んでみた。
それでもいいじゃない。
結果的に、その物事が大好きになれば、それでいいじゃん。

興味を持って欲しければ、周りがすべきことは2つ。
きっかけを与えること。
干渉しないこと。

「好きになれ」と命令するのは、相手の好きを奪うことだ。
きっかけを与えて、見守る。これだけでいい。

ツイッター