「お前のことなんて知らない」と言う人の正体は、寂しがりやのかまってちゃん

こんな言葉を言われたことはありますか?

「お前のことなんて知らない」
「お前のことなんて見限った」
「君に言うことはもう何もない」

これらの言葉を発する人の正体は、寂しがりやのかまってちゃんです。

もし、これらの言葉を言われたら、黙ってその人から離れるのがベスト。
そして徹底的に無視してください。

わたしは3つの言葉すべて言われたことがあります。
「そうですか(無感情)」とだけ言って、翌日から無視しました。

発言者も関係終了とは露ほども思わなかったのでしょうね。
「昨日は悪かった。お願いだから返事くらいしてくれ」と話しかけてきました。

無視しましたけどね。
許せば確実に再犯するので(再犯率100%です)

寂しがりやのかまってちゃんへ。
強い言葉を言えば、相手が繋ぎ止めてくれると思っているんだよね。

力で屈服させても、誰もあなたについてこないよ。
力で相手を従わせる時代はとっくに終わっている。
それどころか、あなたの周りから人が離れていくよ。

俺様から離れたら、君は何もできないだろうって高を括っているんだよね。
それは大いなる勘違いだ。
むしろ、あなたがいない方が、相手は上手くいく。
相手の邪魔をしないであげて。

誰よりも寂しがりやだから、強い言葉を言うんだよね。
それも、人を脅すような言葉を。

誰よりも注目されたいから、人を見捨てるなんて言うんだよね。
本当に見捨てられたら困るのはあなたなのに。

いい。
冒頭の言葉を言われた人が、再びあなたと関係を再構築するなんてことはない。
そのくらい破壊力を持つ言葉だ。

だからこそ、発する前に考えてみてほしい。
本当にこの人との関係を終わりにしても良いのか?と。

ツイッター