雨音アプリRain Rainが素晴らしすぎる。作業中に雨音をよく聞く人はダウンロードすべし。

最近ですが、書物をするときに、雨音か焚き火の音を流しています。
これまでYouTubeで見ていたのですが、毎回YouTubeのページを開くのが手間なのと、読み込みに時間がかかるというデメリットがありました。

そこで、Rain Rainというアプリを導入。

雨音を流し続けるアプリです。
無料ダウンロード可。iPhoneとAndroidの両方に対応しています。

10分前にインストールして使っているのですが、なまらいい。
もっと早く導入すればよかったよ。
焚き火の音もあるのは個人的に嬉しい。

素晴らしい点は以下。

1) 雨音のバリエーションが多い

雨音と一口に言っても、弱い雨もあれば強い雨もあります。
街中の雨、森の雨、海辺の雨、といった具合に、雨音と場所とを組み合わせて音を流せます。

2) 自然の音も多い(雨音ではない)

雨音とは別に、カモメの鳴き声と波音、風音(砂漠、吹雪)、焚き火の音も収録されています。
中にはイヌのいびきや、ネコが喉をゴロゴロ鳴らす音もあります。
洗濯機や食器洗浄機の音もあるのには驚き。
これらの自然の音も、組み合わせて流すことが可能。

3) 広告がうるさくない

無料である以上、広告が表示されるのは致し方ないこと。
ですが、広告がうるさくありません。
iPhone画面下に申し訳なさそうに出てくる程度です。

4) タイマー付き

音を消すタイマーもついています。
「◯時間後にストップ」と設定すれば、自動的に音も止まります。

5) 画面が消えても音が流れ続ける

音楽だと画面が消えても流れるのですが、アプリの場合、画面が消えると音も消えるというものがあります。
これまで使用していた睡眠導入音の雨音がそうでした。

かといって、画面ロックをオフにすると、バッテリーの減りが早いのなんの。
このアプリは画面が消えても音が流れ続けます。
バッテリーの減りも抑えられます。よかったよかった。

6) 音を流しながら別の作業もできる

雨音を流したままメールを書いたり、ネットで調べ物をするのもOK。

注意点がひとつ。
アプリ自体は無料ですが、春の音、夏の音といった季節の音パック、ウィンドチャイムの音パックは各種¥600です。
うっかりその画面を押しても、購入するかを聞かれるので、不要ならキャンセルを押せば問題無し。

そうそう。
アプリの表記(サウンド名)はすべて英語ですが、簡単な英語なのでご安心を。
背景に音の種類を示す写真もあるので、どんな音か見当をつけやすいです。

作業に集中するための音を求めているのなら、Rain Rain、マジでオススメです。

ツイッター

フェイスブック