サンドウィッチマンの好きなコント5選

昨年からはまっている芸人、サンドウィッチマン。
コントがとても面白く、1度見て引き込まれました。
それ以来、セリフを暗記するくらい視聴しています。
特に好きなコントを5つ紹介します。

※grapecompany公式チャンネルにアップされているものです。
※視聴できるコントは時期によって変わります。

1) 旅館

冒頭から面白いです。
富澤さん演じる女将の口調が好き。
テンポ良く話が展開していきます。

多少、とんでもない表現や好き嫌いが分かれる表現がありますが、どこを取っても笑えるコントです。

2) スポーツジム

富澤さん演じるジムのトレーナーが面白い。
さりげなくとんでもない発言をしています。
このコントを見てから、スポーツジムには富澤さんがいるのではないか?と想像してしまいます。

3) 建築士

サンドウィッチマンのコントで、初めて見たコント。
「マイ ネーム イズ ケンチクシ」のセリフに衝撃を受けました。
どんどん話が展開していき、どうやってまとめるのだろうと予測がつかない。
もっと見ていたい、この先の話もあるのではないか、そう思わせるコント。

4) みどりな窓口

冒頭の2人のやりとりが微笑ましい。
これを見てから、「みどりの窓口」を「みどりな窓口」という癖がつきました。
新幹線の名前のアレンジも面白いです。

新幹線や特急列車の切符を購入するたびに、このコントが浮かびます。

5) 富澤さんが演じる謎の人物シリーズ

富澤さんが謎の人物を演じています。
伊達さんは「めんどくせえ」と言いながらも、対応しています。

・マスター(2009)
・職安(2010)
・占い師(2011)
・学習塾(2012)
・キャディ(2013)
・ストリートミュージシャン(2014)

とシリーズになっています。

回を増すごとに、富澤さんのセリフが心をえぐる、鋭い内容になっています。
特に、「学習塾」と「ストリートミュージシャン」は、グサグサ刺さるセリフが飛び交います。

彼らのコントは、人を貶めたり傷つけたりしない。
大声を出したり、キレたり、人を馬鹿にするような芸風と異なる、上品な笑いである。
笑いたくなったらぜひ見てください。元気になりますよ!
Youtube公式チャンネル:https://www.youtube.com/user/grapecompany