野良猫の写真撮影の面白さが今になってわかった件

昨年から野良猫の写真を撮るようになった。
と言っても、野良猫を見かけたときに限る。

野良猫の撮影は、動物園で動物を撮影するのとはまた違った難しさがある。

動物園だと通うことができるから、数回足を運ぶだけで、動物の動きが活発な時間や、どんなときにどんな表情をするかを把握しやすい。
その点では、動物園での撮影の方が簡単である。
餌の時間も決まっているから、シャッターチャンスを狙いやすい。

野良猫は思い通りには動かない。
動きの予測がつかない。
なかなか接近できないこともある。
近すぎて撮れないこともある。
ちょっと目を離した隙にシャッターチャンスを逃すこともある。

とにかく予測がつかない。
だからこそ面白い。

街並みと一緒に撮ってもよい。
野良猫がいるだけで街に風情が生まれる。

今までネコには全く興味がなかったのだが、今は野良猫を見るとついついカメラを向けてしまう。
有名な観光地に行っても、観光地よりネコを多く撮影している。

とはいえ、ネコだって動物。
しつこく追いかけまわすと逃げます。

また、動物園と異なり、隔てるものがありません。
べたべた触らないようにね。痛い目に遭うことだってありますよ。

ツイッター

フェイスブック