人と話すのが苦手な人こそ、カメラを持って旅に出よう

なぜか?
カメラはコミュニケーションツールだから。

わたしは元々人と話すのが苦手だった。
苦手を通り越して嫌いだった。
なぜわざわざそんな面倒なことをしなければならないのかと、常に思っていた。

だけど、今はそんなことは思わない。
そう思わなくなったのは、写真を撮り始めた3年前からだ。

昨年、京都に行った。
バスに乗り、地元の人と話した。
(IC乗車券を使えるかどうかを訊きたかった)

「どこから来たの?」

「札幌です」

「よく来はりましたねぇ」

「清水寺の紅葉が綺麗だと聞いたので撮影に来ました。今年は紅葉を2回見られてラッキーです」

「今がいい季節よ。バスツアーもあるの」

「嵯峨野の紅葉も綺麗よ。京都駅から15分くらいだから、行ってみてね」

話をしているうちに、バスは目的地にたどり着いた。
相手にお礼を行って下車。

話をしていたのは5分程度だと思う。
それでも、ずっとしゃべっていたような感覚だった。

先月の霞ヶ浦でも同様のことがあった。
帆曳き船を撮影していると、地元の人が話しかけてきた。
船の見頃や、船に接近できる場所を教えてくれた。

袋田の滝でも。

どこに行っても、カメラを持っているというだけで、話しかけられる。
そして、会話を楽しんでいる自分がいることに気づく。

話しかけられるといっても、プライベートなことには触れない。
その土地のオススメの場所を教えてくれることがほとんど。

延々しゃべくり続ける人もいない。
一通り話したら、静かに去っていく。

人と話すのが苦手な人こそ、カメラを持って旅に出よう。
旅と言っても、何ヶ月も放浪したり、遠くに行く必要はない。
日帰りできる距離で充分。

カメラを持っているだけで、人と話すきっかけが生まれる。
だからこそ、カメラを持って出かけよう。

ツイッター

フェイスブック