東京で撮影意欲がわかない原因を考察してみた件

先日、所用で上京。
用を済ませた後、皇居を散策した。

せっかく上京するのだからと、カメラを持参。
だけど、撮りたいと思うものがあまりなかった。

北海道になくて東京にあるものはたくさんある。
茨城になくて東京にあるものもたくさんある。
だけど、北海道と茨城の方が断然面白いし、撮りたいもの、見たいものが多い。
ワクワクの度合いが違う。

東京に行って楽しめたのは、6月に行ったとき。
その日は初めての東京観光だった。
浅草寺とスカイツリー、水上バスを見た。
撮りたいもの、見たいものがたくさんあった。

だのに。
8月にもスカイツリーと浅草寺の近くに行ったのだが、あまり楽しめなかった。
一度見ているからか?
いや、中島公園は何度も行ったけど楽しめた。
ひたち海浜公園も同様。

天気のせい?
その日は曇りだった。
しかも夕方から雨が降ってきた。

人の多さか?
いや、雪まつりやクリスマスイルミネーションなどのイベント時の大通公園だって、東京の観光客に匹敵するくらいの人が来ていた。
海浜公園のコキアライトアップも。帰りは車が渋滞していた。

自分が東京について知らないからか?
都会の雰囲気だったり、高層ビルのライトアップだったり、そのようなイメージしか持ち合
わせていないからか。
「東京に来たらこの場所でこういう写真を撮ろう」とだけ考えていて、実際と異なると、「じゃあ撮らなくてもいいや」ってなってるのかな。

だとすると、先入観で東京を見ていたということになる。

「こんなイメージで撮りたい」と思っても、空が曇っていたり花の見頃が過ぎていたりっていうのは、北海道でも茨城でも経験しているんだよ。
にもかかわらず北海道と茨城は撮影意欲が湧いてきて、東京では湧かないって、それって先入観だけで東京を見ていたということだ。

東京にだって面白いものはあるはず。
特急で2時間以内で行けるんだから、東京も楽しめるようになろう。

というわけで見所があったら教えてください。
スカイツリー、浅草寺、水族館は既に行っているので、それ以外でお願いします。

ツイッター

フェイスブック