SMAP曲レビュー・Triangle

最近、SMAPの「Triangle」を聞くことが多い。
この曲が世に出た当時(2005年)は、あまり好きになれない曲だった。

ところが、先日聞いたときに、昔とは異なる印象を受けた。

この曲は、アイドル?の歌に珍しい、反戦歌である。
歌詞のところどころに反戦歌や歴史の要素がちりばめられている。
印象に残っているのはこの部分。

すべてに満ち足りた 明日の日を

求め彷徨う 亡者の影

破壊でしか見出せない

未来の世界を 愛せないよ

(稲垣さん)

無口な祖父の想いが父へと 時代(とき)を跨ぎ

一途に登り続けた 過酷な道

(草彅さん)

わずかな苦しみも 知らぬまま

後に生まれ 生きる僕ら

受け継ごう その想い

声の限りに 伝えるんだ

(木村さん)

サビが有名ですが、わたしはサビよりもサビに続く歌詞が印象に残りました。

戦争の無意味さを伝える歌ですが、災害などに対するメッセージにも思えます(あくまでわたしの感想です)。

12年前に聞いたときは「歌で説教するな」と思っていたのですが、今聞くと考えさせられます。
SMAPが歌うことで、さらに説得力が増す。

どれだけの言葉を尽くしても伝わらないことも、彼らの歌声だからこそすーっと響く、そんな曲です。

※写真の無断使用を禁じます

・道景マガジン3『初心者でもすぐに一眼レフカメラが使えるようになる10の基礎知識』
申し込みフォーム

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3