人の名前をいい加減に扱う人は、いい加減な人認定される

このような記事を読んだ
間違えたのはあなたです!

同感です。
名前を読み間違う、書き間違うって、「自分はいい加減な人間です」と露呈しているのと同じ。
ちころすを超えて、ぶっ殺したくなります。

わたしもしょっちゅう名前を間違えられました。
読み間違い、書き間違い、両方です。
しかも、25年以上。

読み方だと、「ナツミ」だの「マスミ」だの「ナスミ」だの。
バカなんですか?
前2つはともかく、「ナスミ」なんて名前の人間がいるとでもお思いなんでしょうか?
麻婆ナスの材料としか思ってないのか?
あたしゃ茄子ではありません。

想像力が足りないよ。
漢字をちゃんと読みなよ。

キレ気味に「カスミって読みます」と教えるのですが、何度も読み間違う人がいました。
鼓膜が破れているのでしょうかね?
聴覚細胞に異常があるのかな?

漢字も同様。
暑中見舞いも年賀状も、「香澄」で書かれているものが多かったです。
そんなハガキは即ゴミ箱行きでした。

字も識別できないのかな?
挙げ句の果てには、字を書き間違えておいて、「僕、目が悪いから」と言い訳。
「二度とわたしの名前を書くな」と言っておきました。

人の名前が分からなかったら、まず読み方を聞け

あのさ、相手の名前がわからなかったら、まず読み方を聞きなよ。
聞かれて嫌な顔をする人はいないよ。
むしろ、あてずっぽうで間違った読み方をする方が、相手を不快にさせます。

一度名前を読み間違い、書き間違いしたら、「いい加減な人だな」という見られ方をしますよ。
良い方に見方が変わることは一生ないです。

漢字も同様。
どうしても書けないなら、「ここに書いてください」と言って、相手に名前を書いてもらえばいい。
「なぜそんなことをしなきゃならんのや」って怒る人はいないよ。

たかが名前くらいでガタガタいうなって?
名前ってその人にしかないものでしょう。
それをいい加減に読まれたり書かれたりしたら、憤りを覚えますよ。

相手の名前を正しく覚えるのが人間関係の第一歩。
初動を間違うと人間関係を築くどころか、一生関係を築くことができなくなりますよ。

ツイッター