仕事における「自分のペースでいい」は優しさではない

職場で上司が新人に、タイトルの言葉をかけているのを見たことがあります。
それ、言うたらあかんセリフやん。
どうせ翌月には、「なぜできてないの」ってキレてるでしょ。

「あんまりせっついても」「親切で言ったのに」と思いますか?
「自分のペースでいい」なんて、後々あなたの首を絞めますよ。

早く仕事を覚えてほしいなら、「自分のペースでいい」なんていったらアウト。
その人が早く覚えられるなら良いけど、そうでなかったら?
「自分のペースでいいんだな。じゃあ半年以内に全部できればいいや」って考えたらどうなる?

それで、「他の人はすぐに覚えたのに、どうしてできないの?」ってキレるんだろうね。
「自分のペースでいいって言ったのに、なぜ責められるんですか?」と反論されるだろう。
答えに窮するあなたの顔がありありと浮かぶよ。

そしてこう言うんだろ。
「てめえ発達障害じゃねえのか、病院行って診てもらえ」

てめえの伝え方が悪いんだよ。
言語野が壊れてんのか?
思い通りに動かない人を発達障害呼ばわりするなんて、無知もいいところ。

あのさ、エスパーじゃない限り、言葉で伝えないと伝わらないよ。
10のステップがあったら、ステップ5までは3ヶ月でできるようになると期限を決める。
資格が必要なら、資格試験に合格するように勉強の計画を立てる。
具体的に言わないと伝わらないよ。

思い通りに仕事を覚えてくれないのではなく、あんたの伝え方が100%悪いんだよ。
そんなこともわかんねーのか。

自分のペースで生きることは悪いことではない。
だが、仕事において自分のペースでいいというのは、優しさではない。
お互いが不幸にならないためにも、きちんと期限を決める。
それが本当の優しさだ。

ここまで書いてみましたが、皆さんはどう思いますか?
ご意見お待ちしております。

ツイッター

フェイスブック