ぶたはげの豚丼は十勝のソウルフード

十勝地方の名物料理、豚丼。
開拓時代に安く手に入る豚肉で丼ものを作ったことがきっかけで誕生した料理です。

特製のタレに漬け込んだ豚丼をご飯の上に乗せて食します。
特にぶたはげの豚丼は、お肉が柔らかいので、豚肉にご飯を巻いて食べることもできます。
また、タレが染み込んだご飯も美味しい。

北海道内、特に帯広市には豚丼の店がたくさんあります。
店によって味も食感も違います。
はじめて食べるなら、ぶたはげの豚丼が食べやすいです。
ぜひご賞味ください。

Butadon is special product of Tokachi region.
In Hokkaido pioneer era, settlers made rice bowl dishes used pork.
Marinated the meat in the sauce on the rice.

There are a lot of butadon restaurant in Obihiro city.
Taste is different from restaurant.

Butahage is butadon restaurant in Obihiro and Sapporo.
Butahage’s butadon is tender meat and delicious.

豚丼のぶたはげHP:http://www.butahage.com

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター