人のブログに「上から目線ですね」と言ってくるあんたこそ上から目線だ

2016年の秋に参加したイベントで、「上から目線のブログですね」と言いに来た人がいました。
「上から目線のブログが嫌なら読まなくていいですよ」と返しておきました。

すると、相手は慌てました。
「「~と思います」ではなくて、「~だ」って言い切っているでしょう。
あなたのブログの良さはそこなのよ。」

ちょっと何言ってるかわからない。

確かに、「~と思います」というソフトな表現のほうが好まれる。
そんなの百も承知だ。

ではなぜ、「~だ」と言い切っているのか。
あくまでわたしの意見として伝えたいからだ。

過激だとも言われる私見記事。
あれでもかなりソフトに、抑えて書いている。
読者がドン引きしてもおかしくない内容のものもあるし、確実に嫌われる表現が満載だからだ。

勢いのままアップすることはなくなったが、書いているときは怒りと憎しみにまみれた文章であることも多い。
一度アップしたけど、ボツにした記事がいくつもある。

見て不愉快になるブログなんて、読まなきゃいいだけの話。
好きなブログだけを読めばいい。
それだけの事。
わざわざ作者に「上から目線のブログですね」というあんたこそ、上から目線ですよ。

ツイッター