太陽の光を鋭く写す方法

行楽シーズン真っ盛り。
太陽の輝きを写そうとしても、のっぺりした太陽になってしまっていませんか?
今回は太陽を太陽らしく写す方法を紹介します。

太陽光を鋭く写すなら、絞り値を最大にして撮影する。

絞り値を最大にして、太陽にピントを合わせてシャッターを切ってください。
これだけです。

絞り値の最大値はレンズにより異なりますが、F22以上なら確実に鋭い太陽光を写すことができます。

Fig.1 F8で撮影。太陽の光が丸い印象

Fig.2 F22(絞り値最大)で撮影。太陽光が鋭い光として写っている。

注意点は、太陽を直視しないこと。
サングラスをかけたり、ライブビューモードにして、目にダメージを与えないように撮影してください。

※写真の無断使用を禁じます

・道景マガジン3『初心者でもすぐに一眼レフカメラが使えるようになる10の基礎知識』
申し込みフォーム

・ブログや名刺に使えるプロフィール写真撮影いたします。詳細はこちら

・イベントやセミナーの様子を撮影。全データ提供。詳細はこちら

・自宅で一眼レフカメラをマスターしよう!オンラインカメラ講座

・2時間で一眼レフカメラの使い方をマスターできる講座・詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3

・かさこ塾フェスタin福岡に出店します。http://festa.kasako.jp/2017fukuoka/