[Photoshop] 写真からカスタムシェイプを作る方法

この絵はどうやって描いたでしょうか?

Photoshopの中には、四角形や円形などの図形があらかじめ登録されています。
ですが、写真を図形として登録し扱うこともできます。
一見複雑そうですが、手順を覚えれば簡単ですよ。
大まかな流れは、背景色を決める→写真のカスタムシェイプ作成→配置です。

step1:背景色を決める

1) ファイルメニュー>新規

幅と高さ、解像度を入力。
解像度はweb掲載なら72dpi、紙媒体掲載なら350dpi。
カンパスカラーを透明にする。

2) 編集>塗りつぶしで、キャンパスを白く塗りつぶす

今回は説明のため、背景色を白にします。
この時点で背景色を決めます。グラデーションにすることもできますよ。

背景の設定は一旦終了。
続いてカスタムシェイプの登録です。

step2:カスタムシェイプの登録

1) 素材となる写真を開く

今回はこの写真をカスタムシェイプに登録します。

2) レイヤーパネル>塗りつぶしまたは階調レイヤー新規作成>2階調化をクリック

Fig.1 白黒の円をクリックし、2階調化を選択する

3) 属性パネルが表示されるので、しきい値を入力。

Fig.2 属性パネル。しきい値を入力する。

しきい値を変更すると画面に反映されるので、それを見ながら数値を設定する。

4) シフトキーを押しながら、元の写真のレイヤーと2階調化したレイヤーを選択し、スマートオブジェクトに変換

Fig.3 背景レイヤーと2階調化レイヤーの二つを選択する

Fig.4 右クリックでメニューが表示される。その中からスマートオブジェクトに変換を選択。

5) 選択範囲>色域指定をクリック。

Fig.5. 選択範囲メニュー。この中から色域指定を選択

Fig.6 色域指定パネルが表示される。
カラークラスタ指定のチェックを外し、許容量:40に設定。
画面上の黒い領域をクリックして、OKを押す。

6) レイヤータブからパスタブに切り替える

Fig.7 レイヤータブを、パスタブに切り替える。赤丸で囲んだアイコンをクリック。
赤丸で囲んだアイコンは、「選択範囲から作業用パスを作成」というツールです。

7) 編集>「カスタムシェイプを定義」をクリック

Fig.8 シェイプの名前を決められる。
編集メニューからカスタムシェイプを定義をクリックすると、Fig8の画面が表示される。
シェイプの名前を入力(自分がわかればなんでも良いです)。

8) 背景の画面に切り替える

step1の2)で作成した画面を表示します。
次に、ツールパネルのカスタムシェイプをクリック

Fig.9 カスタムシェイプツールを選択

9) 7)で登録したカスタムシェイプを選択。
ドラッグしながらサイズを調整して配置する。

複数のカスタムシェイプを登録する場合は、1)~8)を繰り返す

Fig10 登録されたシェイプ。青い枠で囲まれた図形が、7)で登録した図形。
これを選択して、大きさを調節しながら配置する。
配置完了後、選択範囲を解除して、完成です。

Fig11 完成図。写真が線画風に変わりました。

複数のカスタムシェイプを登録する場合は、step2の1)~9)を繰り返します。
配置の際に、図形の塗りつぶしの色や輪郭の色や太さを決めることもできますよ。

ここで登録したシェイプは、消去しない限り何度でも使えます。
Photoshopには登録されていないけど使用頻度が高いものは、この方法で登録すれば簡単です。
シェイプにしておくことで、サイズ調整もラクにできますよ。

※写真の無断使用を禁じます

・道景マガジン3『初心者でもすぐに一眼レフカメラが使えるようになる10の基礎知識』
申し込みフォーム

・ブログや名刺に使えるプロフィール写真撮影いたします。詳細はこちら

・イベントやセミナーの様子を撮影。全データ提供。詳細はこちら

・自宅で一眼レフカメラをマスターしよう!オンラインカメラ講座

・2時間で一眼レフカメラの使い方をマスターできる講座・詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3