映画「ズートピア」レビュー

2016年に放映された映画「ズートピア」を見た。
人間社会そのものを描いたような作品。

説教くさくないのがディズニー映画の良さ。
メッセージとエンターテイメントがうまく融合している作品です。

(ストーリー)

主人公のジュディ・ホッブスは、ウサギで初めて警察官になった。
警察学校卒業後、ズートピアに配属される。

ズートピアは、多様な動物が仲良く暮らす理想の街と言われていた。
ジュディも憧れを抱いて街に出る。

ところが、勤務初日の仕事は、交通違反の取締。
ウサギという理由だけで、刑事らしい仕事を任されない。

休憩中に、アイスキャンディを買い求めるキツネの親子(ニック・ワイルド)を目撃。
キツネという理由で、アイスキャンディを売ろうとしない店員を説得し、ジュディーが代わりにアイスキャンディを購入。

ところが、ニックはアイスキャンディを溶かし、小動物に売っていた。
親子ではなく、詐欺仲間であることも発覚。

「ズートピアが何にでもなれる理想の街というのは嘘だ。夢を諦めて早く田舎に帰れ」とニックはジュディに告げる。

そのころ、街では行方不明事件が発生。
14人(匹)の動物が行方不明になっている。
行方不明者の家族が警察署を訪れ、夫を捜して欲しいと懇願。
ジュディはそれを引き受ける。
ただし、48時間以内に見つからなかったら、警察をクビになるという条件付きで。

行方不明者の写真にニックが写り込んでおり、ニックに捜査協力を依頼する。
最初は捜査の邪魔をするニック。
そうこうしながら捜査を進めるうちに、行方不明者が凶悪化することが判明。
狼が凶悪化した動物を連れ去っていた。

行方不明者を全員発見し、ジュディは署長に認められる。
だが、記者会見で、「肉食性動物は凶悪化する可能性がある」と発言し、ニックとの関係に亀裂が入る。

ニックもキツネという理由で、ボーイスカウトに入れなかった過去を持つ。
成長した今でも、社会から疎外されていた。

事件解決かと思いきや、ズートピアでは、草食動物と肉食動物が対立していた。
肉食動物を街から追い出そうとする動きが起こる。
「社会をより良くするのが目的なのに、分断させては意味がない」と、ジュディは警察を辞め、故郷に帰ってしまう。

故郷で肉食動物の凶悪化の原因となる植物が判明。
ニックに謝罪し、再び二人で捜査を開始する。

凶悪化の原因となる植物を研究していたのはヒツジ。
動物の凶悪化事件の黒幕は、ヒツジの副市長。
「市民の共通の敵を作り出し、恐怖で街を支配する」ことが、副市長の狙いだった。

副市長は警察に捕まり刑務所行き。
ジュディは警察に復帰。
ニックはキツネ初の警察官になった。

この話を人間を登場人物にしたり、人間社会を舞台にしたら単なる説教で終わりますが、動物であるためか、すっと物語が入ってきます。
子どもが見たら難しいし、怖いシーンもあります。
ただ、成長すれば、話を理解できます。

話が二転三転するので、話が読めないところが面白い。
また、多様なキャラクターがたくさん登場しますが、どの動物も人間味が溢れています。

ツイッター

フェイスブック