『会話もメールも英語は3語で伝わります』・レビュー

読んでよかった本です。
英語を勉強している人はもちろん、英語に苦手意識がある人もすらすら読めます。
特に英語が苦手だという人は、英語に対する抵抗が軽減されます。

3語で伝わる英語ですが、主語、動詞、目的語の3語という意味です。
ブロークンイングリッシュではなく、日常会話にもビジネスにも使えます。

この本は、英語もシンプルに伝えないとかえって伝わりにくいということを伝えています。
複雑な構文で話そうとすると、使う単語も多くなり、結論が後になって何を言いたいのかわからなくなる。
難しい単語や複雑な構文で話そうとすると長くなるのは、日本語も同じ。
日本語も簡潔にしないと伝わらないのと同様、英語も簡潔に、というのが本書のテーマ。

著者は英語教師ではなく、特許翻訳で英語を学んだ経歴の持ち主です。
理系分野で仕事をしてきたとあって、文章が明確でわかりやすい。

ただ、TOEICで高得点につながるかというと疑問。
TOEICはTOEICのための教材で勉強するほうがスコアアップできるかと思います。

読んでの感想は、中学や高校の英語の授業なんて無意味だなってこと。
この本を1冊読むほうがずっと役立ちますよ。

英語に自信がある人もない人も、ぜひ読んでみてください。

会話もメールも英語は3語で伝わります(中山裕木子著、ダイヤモンド社)

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。お申込みはこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3