スローシャッターで川の流れを清らかに写そう

なぞなぞです。
この写真はどうやって撮影したと思いますか?
今回は水流を清らかに撮影する技法の一つ、スローシャッターを紹介します。

1) スローシャッターとは

スローシャッターとは、言葉の通り、シャッタースピードを遅くして撮影すること。
シャッタースピードを1秒以上に設定することによって、光を取り込む時間を長くし、水流を清らかに写すのです。
川や滝以外にも、水面の波を消して鏡面効果を得る技法や、車のテールランプの軌跡を残す技法にも使われています。

2) スローシャッターで撮影するには

スローシャッターでの撮影に必要なものは以下。

・三脚:カメラを支えるために必要。

・NDフィルター(明所での撮影の場合):カメラにはいる光の量を減らすために必要

・レリーズタイマー:カメラをブラさずにシャッターを押すために使う

この3点があれば、スローシャッターでの撮影はできます。

3) 撮影方法

スローシャッター撮影の大まかな流れです。
わたしはこの方法で撮影しています。

1. カメラを三脚にセット

2. ISOを最低値に設定(100~200程度)

3. 被写体にピントを合わせる

4. マニュアルフォーカスにして、NDフィルターを取り付ける
※NDフィルターによっては暗くなり、フィルター装着後にピントを合わせるのが難しいため

5. レリーズタイマーを取り付けて撮影

被写体によっては、シャッタースピードを変えて条件検討する必要があります。
絹のような水流にするなら最低でも1秒、よりシルキーにするなら5秒以上に設定しましょう。スローシャッターを使いこなせると、肉眼では見られない世界を撮ることができますよ。
ぜひお試しください。

※写真の無断使用を固く禁じます。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。お申込みはこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3