セルフマガジン作成をスムーズに行うために知っておくと良いこと3つ

セルフマガジンの製作過程で、「こうしておけばラクだった」ということをまとめました。

1) 人と話をする

「何言ってんだ?」と思うかたもいるかもしれません。
実は、今回のマガジン、テーマ決定に4ヶ月近くかかりました。
ああでもない、こうでもない、どうしよう・・・と悩んでいたのですが、人と会う機会があり、そこでテーマが一瞬で決まりました。
一人で悩むくらいなら、人が集まる場所に行ってみてください。
あっさりテーマが決まることがあります。

2) 写真、文章、イラストを全て揃える

マガジンで使う写真や文章を最初に揃えておくとラクです。

Indesignの場合、写真は350dpi以上にして、psd(photoshop)形式にしておきましょう。
500 dpiあれば、印刷でガビガビにならずに済みます。

文章はテキストエディット(windowsならメモ帳)に作成しましょう。
その際、一つの文章は一つのデータにしておくことをおすすめします。

3) 最初にレイアウトを作ってしまおう

パワーポイントを使うにしろ、Indesignを使うにしろ、最初にレイアウトを決めておくと作業がスムーズです。

写真の配置場所、文章の配置場所など、複数のページで同じレイアウトにするならマスターページを作っておくとラクです。
一通り写真と文章を配置した後で変更することも可能です。

もし、写真と文章に変更がなければ、後はワクの中に必要なデータを配置するのみ。

わたしは今回、レイアウト作成に時間がかかりました。
一度レイアウトを作ってしまえば、文章や写真の差し替えは自由です。

紙の上でレイアウトが決まったら、材料選びと同時並行でレイアウト作成すると、日数をかけずにマガジンを作れます。

以上、セルフマガジンを作成して気づいたことでした。
マガジン第3弾は手元に届いたら告知します。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。お申込みはこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3