写真はRAW形式のまま保存すべし。

皆さんは、写真を何で保管していますか?
Macユーザーなら、iPhotoというソフトに保管することができます。
が、iPhotoにデータを保存するのはおすすめしません。

なぜか。
RAWデータがすべてJPEGデータに変換されるから。

元のRAWデータがあればよいですが、そうではない場合、二度と編集ができなくなります。

編集ソフトによってはJPEGデータの編集もできますが、ホワイトバランスやピクチャースタイルの変更は、RAWデータでしかできません。

つまりは、こういうこと。

「もうJPEGデータしかないよ」って人。
AdobeのLightroomなら、JPEGデータも編集できます。
色温度や彩度、明度、トリミングや傾き補正なら可能です。

が、撮影時のカメラ設定は変更できません。
これがRAWデータなら、彩度や明度はもちろん、ホワイトバランスを変えることもできます。
場合によっては、カメラメーカーのRAW現像ソフトでも編集ができます。

※カメラメーカーが提供しているRAE現像ソフトでは開けないデータもあります。

撮影だけで編集しない、明るさ調整くらいしかしない人は、RAWデータを残す必要はないですが、保険としてRAWデータも残しておく方が良いです。RAWデータしか残さない人も同様です。

結論:JPEGとRAW、二つの形式で保存するのが一番安全。

※写真の無断使用を固く禁じます。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。お申込みはこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3