パワーポイントで図形を作る方法

会議やプレゼンで使われる、パワーポイント、通称パワポ。
一見難しそうですが、慣れれば簡単。
ワードやエクセルよりも格段にラクに使えます。

パワポはデジタルお絵描き帳!

パワーポイントに馴染みのない方もいるかもしれませんが、簡単に言うとお絵描き帳です。
スライドはいわばお絵描き帳の紙。

パソコンで絵を描く感覚で使えます。
イラストレーターよりも格段に扱いがラク。

すべてのものは図形の組み合わせでできている。

図形を作るって難しそうですが、使うのは図形と図形の位置関係のみ。
位置関係も、前面か背面かの2択なので、とっても簡単です。


上の図は、パワポにある図形作成ツールで作成した図形です。
左は一眼レフカメラ、右はポケモンのネイティです。

実は、以下の図形の組み合わせで作っています。

カメラは大きさが異なる長方形2つ、円(丸)を一つ組み合わせただけです。
ネイティは円、楕円、台形、三角形を組み合わせています。

パワーポイントにある図形の一覧はこちら。

Fig1 図形一覧

色は「図形の塗りつぶし」から選べます。
線の色は、「枠線の色」から選択できます。

Fig4 図形の塗りつぶし

図形の塗りつぶしの場合、グラデーションやテクスチャという技法も使えます。
積極的に取り入れてみてください。

本を100冊読むより、スライド1枚作成するのを毎日行う方が、格段に早く習得できます。
ぜひお試しあれ。