感覚が昭和のテレビ局と芸能事務所は視聴者に見限られる。

SMAPの25周年ベストアルバムを聴いた。
なまらいい。
やっぱりSMAPを超えるアーティストはいない。

彼らは次を見据えて動き出しているだろう。
いつまでも思い出に浸っている仲良しクラブじゃないからね。

これ聴いて思ったのは、ジャニーズ事務所ってつくづくバカってこと。

SMAPをめぐる報道を見るたびに、ドラマ「リーガル・ハイ(2012年)」の最終回が脳裏に浮かぶ。

(最終回ストーリー)
化学メーカーに勤める女性研究員が開発した化合物が、環境汚染を引き起こすことが判明。
会社は女性を不当に解雇しようとした。
化学メーカーの弁護を古美門(こみかど)、女性研究員の弁護を黛(まゆずみ)が担当することに。

黛は古美門を倒すと意気込むものの、結局、古美門が勝利。
黛の依頼者はタイの会社にヘッドハンティングされ、海外で研究を続けることになった。

ドラマ終盤で古美門のセリフが印象に残っている。
「日本の優秀な頭脳が、また海外に流出してしまった。
メンツだのプライドだのくだらないことにこだわって、本当に大事なものを失くしてしまう。これでは日本の将来も明るいとは言えない」

まんまこれと一緒じゃん。
SMAPはタイに行ったわけじゃないけど、副社長のくだらないプライドで潰されたも同然。

SMAP解散後も、ファンやもちろん、それまでSMAPに興味がなかった人もCDやDVDを購入している。
昨年末は、一般紙でSMAPへのメッセージとして、8面の広告を出している。
市電やバスといった公共交通でもSMAPへエールを送っている。
1組のアーティストの解散阻止のために、一般人が4000万円ものお金を集めた。

SMAPが経済を回しているも同然じゃないか。
そんなドル箱スターをあっさり潰していいんですかね?
SMAP以上に稼げるタレントが、あなたの事務所にいますか?

お金の計算ができないほど、ぼけているのか?
おたくの会社、遅かれ早かれ潰れるよ。
娘可愛さに解散させたのだろうけど、禍根を残してどうすんの?
舗装されていたレールを、茨の道に変えてしまった、オパンポ親子。

悪徳事務所の言いなりのテレビ局、マスコミも同様。
テレビ局は時代を読み取る力がないと生き残れない業界なのに、考え方は昭和のまま。
リーガル・ハイの教訓が全く生きてないフジテレビ。

やっぱり芸能界とテレビ局は、昭和92年のままなのね。
永遠にしょうわ時代を謳歌してくださいな。

ジャニーズ事務所に限った話じゃないけど、一族経営の会社って、何かしら問題を起こしている。
西武グループは社長がワンマンで、周囲にイエスマンしかいない状態になり経営破綻。
代ゼミも一族経営。
オンライン授業など最新の授業を取り入れられずに、半分以上の校舎を閉鎖した。
ロッテも大塚家具も後継者問題で揉めている。
そりゃ、株主に批判されるよ。
上場していなければ許されるってわけじゃないよ。

芸能界でも、「事務所による発言規制がある」「事務所の隠蔽工作は一般人にばれている」という声が上がり始めた。
これ以上言うと、発言者のタレント生命が終わるとも。
マスコミによる嘘の垂れ流しは、今の時代に通用しない。

というか、真実を伝えてタレント生命が終わったり報道番組が潰れるいう時点で、そもそもおかしい。
長いものに巻かれるのが芸能界の正義なのですね。

芸能事務所もテレビ局も時代遅れの慣習から脱却しないと、視聴者に見限られますよ。
脱皮しない蛇は死にます。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。お申込みはこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3