[カメラ]知っておくと役立つ!カメラの露出に関する設定2つ

前回は露出について解説しました。
今回は、露出における、知っておくと役立つカメラ設定を紹介します。

1) 露出は1/2段と1/3段の2パターン設定できる。

一眼レフカメラのモニターを見てください。
露出のところ、数直線の上にたくさんの点が並んでいますよね。
実は、露出は1/3段と1/2段、どちらかに設定できるのです。

露出設定ステップ変更の方法は以下。

Fig.1 露出設定ステップ変更。
MENUボタンからカメラ設定画面を呼び出し、露出設定ステップを選択。
1/3段と1/2段のどちらかを選べるので、設定したい方を選び、OKを押す。

Fig.2 露出設定ステップによる画面表示の違い。
左が1/3段、右が1/2段。

1/3段の場合、0、0.3、0.5、0.7、1…と、0.3段ずつ数値を設定できます。
1/2段の場合、0、0.5、1、1.5…と、0.5段ずつ設定できます。

わたしは1/2段に設定しています。
というのも、0.5段ずつ明るさを変える方が結果がわかりやすく、素早く対応できるためです。
RAWデータも記録すれば、RAW現像ソフトで微調整もできます。

2) 一度に3パターンの露出で撮影できる、AEBモード

AEBモードとは、露出の範囲を決めて、連続撮影できるモードです。
一つの被写体に対して露出を検討するときにオススメ。
一度設定すると、3回撮り終えるまでは、カメラが自動で指定した露出にします。

設定方法は以下。

Fig.3 AEB設定方法。
MENUボタンから露出設定/AEB設定を呼び出し、OKを押す。

Fig.4 露出を数直線にした画面が表示される。
設定したい露出値になるようダイヤルを回して、OKを押す。

今回は露出に関するカメラ設定を紹介しました。

使いやすいようにカスタマイズすれば、ますます撮影がラクに楽しくなりますよ。

※※Canon 7D mark2に基づいて解説しています。
他の機種を使用している方は、お手持ちの取扱説明書と併せてご覧ください。

※写真の無断使用を固く禁じます。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。お申込みはこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3