成長を続けたからこそSMAPは唯一無二のエンターテイナーとなった。

Clip!SMAP!コンプリートシングルス前半を見ました。
デビュー曲かららいおんハート(2000年)までのミュージックビデオです。

前回見たDisc2同様、引き込まれました。

デビュー当初はアイドルだったのが、年を重ねるごとに一人の大人、アイドルではなくアーティストとして成長していくのが見られました。

一部の曲は2014年のコンサートの映像でしたが、年齢を重ねて歌っても違和感なく聴ける楽曲でした。
現在の、ジャニーズの若手グループの歌よりもずっとずっとおしゃれです。

ワンパターンになることなく、多種多様な曲を楽しめます。
音楽で冒険しているという印象を受けました。

強烈に印象に残っているのはFly(1999年)。
ミュージックビデオがまるで映画。
この映像を見て、この年のコンサートに行ったのです。
あれから18年経ちましたが、今でもコンサートを覚えています。

これだけ幅広い曲を歌っているアーティストはSMAPの他にいません。
ジャニーズには当然いないね。
ジャニーズ以外のミュージシャン、アーティストにも存在しない。

SMAPという唯一無二の存在が、事務所経営者のつまらないプライドで潰されてしまったことが非常に残念です。
エンターテイメントの世界における大損失です。
いや、エンターテイメントだけではなく、SMAPの解散は世界中で惜しまれました。

彼らが自由に羽ばたいて、今後も活躍することを応援しています。

何度も言うよ!

SMAPは最高のエンターテイナーだ!!

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。お申込みはこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.ko