ポスト◯◯は人真似でしかない。独自の存在になってこそエンターテイナー。

SMAPのミュージックビデオ集を見て思ったこと。
今回は嵐について書きます。

ポストSMAPと呼び声の高いグループ、嵐。
彼らも「SMAPを超える」と発言していたが、絶対に無理。
歌も司会も実力不足。トークも面白くない。歌はワンパターン。
SMAPを潰してまで売りたいグループのレベルってこの程度か。
こんなんでポストSMAPと言わないでほしい。

嵐も昔は良かった。
2002~2005年まではCDアルバムを聴いていたのだが、ただアイドルとして売り出すのではなく、SMAPを目標にしていることが伝わった。

強烈に印象に残っているのは、「A Day in our Life(木更津キャッツアイ主題歌,2002年)」。
「こんな歌を歌えるグループがあるのか?」と驚いた。
ラップとコーラスを重ねて歌う曲に衝撃を受けた。

2002年のCDアルバムに限って言えば、SMAPよりも嵐の方が完成度が高かった。
アルバム制作に約1年かかったとメンバーが述べていたが、それに見合う出来栄えだ。

2004年に販売されたミュージックビデオ集(CDアルバムに付属している)も見た。
曲によっては演出も凝っていたし、楽しめた。
印象に残っているのは「A Day in our Life(2002年)」と「Lucky Man(2003年)」。
演出もオシャレである。

2003~2006年はコンサートにも行った。
洗練されているとは言い難いが、要所要所見せ場を作っており、楽しめた。

だが、2006年のCDアルバムを聴いた時、すごくがっかりした。
約14~15曲収録されているのだが、まともに聞けるのは1曲だけ。
なにこれ?
全部同じ曲。
なにも印象に残らない。
無味無臭の料理を食べているような感覚だった。

その年のコンサートにも行ったが、大して盛り上がらなかった。
それ以来、すっかり気持ちも離れた。

一方SMAP。

2002年のCDアルバムは、14曲中1~2曲しか聞けるものがなかった。
コンサートもグダグダな印象。
BIRDMANのクオリティはどこいったの?
コンサート会場から帰るとき、すーっと気持ちが離れた。

2010年頃、なんとなくまたSMAPxSMAPを見始める。
2011年、SMAP AIDを購入。
8年ぶりにSMAPの曲を聴いたが、音楽がバラエティに富んでいて面白い。
「やっぱSMAPええわ~。」と思い、今日に至る。

そして「Clip!SMAP!シングルスコンプリート」を見て、やはりSMAPは最高のエンターテイナーであると確信。
誰にも超えることができない存在だ。

嵐へ。
SMAPの後釜を狙うなら、2002年頃の、挑戦的なスタイルを貫くべき。
当時は荒削りだったけれど、メンバー一人一人に勢いがあった。

でも、今の嵐は凪だ。
歌う曲にも、挑戦的な曲や実験的な曲が一つもない。

ポスト◯◯なんて、所詮マネでしかない。
人真似をするだけでは、エンターテイナーとは言えない。
ポストSMAPではなくて、嵐は嵐独自の存在となるべき。
それができない限り、SMAPを超えることは絶対にできない。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。お申込みはこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3