興味を持たせるのも一つのワザ

不毛な飲み会について、相手に興味を持てるかどうかについて言及した。
究極、これに尽きる。
相手に興味を持てるか否かで、有意義にもなるし不毛にもなる。

「相手に興味を持てないなんて失礼だ」という意見もあるだろう。
だが、興味を持てないものには持てない。

興味は命令されて持つものではない。
「俺に興味を持て」というやつは、ヤクザと同じだ。

逆に聞きたいね。
「あんたは興味を持たせる工夫をしてんのか?」って。

興味を持たせる工夫をしないくせに、「興味を持て」なんて命令するな。
あんたは誰にでも興味を持てるのか?
違うだろう。
興味の有無を瞬時に判断しているだろうよ。

印象に残る人、興味を持つ人の共通点を挙げてみる。
※あくまでわたしが興味を持った人のことです。

  1. 印象に残るアイテムを身につけている
    (強く押すボタンのメガネ、似顔絵を描いたバッジなど)
  2. トレードマークとなる服装、アイテムを着用している
    (同じ色の服を着る、同じ帽子をかぶっている)
  3. 写真と本人とが一致する(ほぼ同じプロフィール写真、似顔絵である)
  4. 共通点がある(活動内容、出身地、好きなものなど)
  5. 一緒に居て楽しい、安らぐ

5つの条件全てを満たす必要はないけれど、印象に残る人や関心を抱く人は必ずこれらの条件を満たしている。

覚えてもらうために、様々な工夫をしている。
絵を描くのが得意な人は、絵の展示や即興で似顔絵制作を。
音楽を仕事にしている人は、音楽演奏を。
観客を巻き込んで会場を盛り上げていたよ。
「興味を持て」と命令する人になんて、興味を持てないからね。

ニッチな分野の仕事をしている人もいる。
名刺の代わりに仕事道具を配っていたよ。
これこそ、印象に残るよね。ディープインパクト。
もう消防設備を見たらその人の顔が浮かぶ。

自分に興味を持って欲しかったら、どうすれば興味を持ってもらえるか研究すればいい。
わめいたところで興味なんて持たれないのだから。

ツイッター

フェイスブック