京都の銘菓生八つ橋はお土産にもピッタリです

京都のお菓子といえば、生八つ橋。
清水寺へと続く道沿いの店や京都駅、京都市内のありとあらゆる場所で並んでいます。
抹茶、ニッキ(シナモン)が定番ですが、最近はメロンやイチゴ、チョコレート、栗、サツマイモといった変わり種も登場しています。

いくつか試食しましたが、やはり、定番の味が一番美味しいです。

値段も手頃なので、お土産にもピッタリです。

dt7a6518

抹茶、ニッキ、黒胡麻の3種類が入ったのを購入。黒胡麻は2007年頃登場しました。
こちらも美味しいですよ。

dt7a6521

抹茶とニッキ。定番の味どすえ。

dt7a6526

黒胡麻。なかの餡もゴマの風味がします。

中部国際空港のお土産屋にも並んでいましたが、種類が限られています。
味のバリエーションを楽しみたいなら、京都で買うことをおすすめします。

※写真の無断使用を固く禁じます。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3