さっぽろホワイトイルミネーションを楽しむための5つの注意点

いよいよ、11/18(金)より、さっぽろホワイトイルミネーションが開催されます。
今年は8丁目まで会場を拡大しています。

せっかくのイルミネーション、楽しみたいですよね。
今回はさっぽろホワイトイルミネーションを楽しむ方法を紹介します。

1) 防寒対策をしっかりと!雪国なめんなよ!

札幌の夜は5℃未満になることもあるのです。
ときには氷点下になることも。
イルミネーションは夜に開催されるので、防寒対策をしっかりしましょう。
会場に防寒グッズはありません。
あらかじめ札幌駅や地下街で購入しましょう。

2) 滑り止めのスパイクを靴に付けよう

靴底に取り付けるスパイクがあります。
それを購入して、履いている靴に取り付けましょう。
それだけでも氷上で転倒するリスクを減らせます。

ただし、屋内でスパイクをつけていると、ただ歩きにくいだけです。
外を歩く時に使いましょう。

3) 地下歩行空間を利用しよう

札幌駅〜すすきの及び、大通公園の地下には、地下歩行空間があります。
利用料は無料。
コンビニや飲食店、服屋がたくさんあります。
雪や氷を気にしなくてもいいし、何より暖かい。
地上を歩くのが辛い場合は、地下歩行空間の利用がオススメ。

4) カメラの結露に気をつけよう

寒暖差が大きいところでは、カメラ及びレンズが結露します。
結露そのものを根本から無くす方法はないです。
水滴がついたら早く拭き取るなど、ケアが大事。
タオルを2~3枚持っていくと役立ちます。

5) 乗り物に向けてフラッシュを焚かない

このブログでも紹介した雪止めフラッシュ。
降る雪に向けてフラッシュを焚くと、雪が止まって写し出されるテクニックです。
DT7A4428

このテクニックの注意点は、電車やバスなどの乗り物に向けて発光禁止である点。
かならず空に向けて焚いてください。

業務妨害で鉄道会社から訴えられることも起こり得ます。
最悪の場合、電車やバスが事故を起こすことも。

上記5点を守れば大丈夫。
札幌の冬の風物詩、ぜひ楽しんでください。

※写真の無断使用を固く禁じます。

・かさこ塾フェスタin名古屋に出展します。
11/26(土)、Space D(A Hall)にて開催。プロフィール写真撮影を行います。
30分、¥2000で何枚でも撮影。写真データはすべてお渡しします。
受付締め切りは11/20まで。
予約申し込みフォーム

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3