気持ちが入らないことを続けさせるのはエゴでしかない。

SMAPの25周年ベストアルバムの収録曲が発表された。
50曲中49曲を知っていた。

8月に解散を発表してからも、ファンが存続を求めるための抗議活動は衰えない。
他の芸能人がSMAPに関する発言をしただけで批判の嵐。
メンバーが同じアクセサリーをつけていただけで、雪解けだの存続するかもだのと騒ぐ。

確かに、有終の美を飾る形で終われなかったのは残念だ。
だが、メンバー同士がギクシャクしているのに、存続を求めるのはただのエゴだ。

芸能人は芸能人である前に、一人の人間だ。
ファンだからといって、関係が冷え切った人間同士で活動してくださいというのは、ただのわがままだ。

存続するにしても、解散するにしても、これからの活動を応援してこそファンではないか?

わたしはSMAPが好きだ。
だが、解散騒動以降、5人揃っているところを見ても、何の感情もわかなくなった。
むしろ、早く解散して、個々で活動してほしいとすら思った。

5人揃って歌う姿、踊る姿を新たに見ることはできなくても、司会や俳優として活躍する姿は見られる。
ギクシャクしたまま一緒に踊る姿を見たい?
気持ちが入らない状態で歌う姿を見たい?

そんなものは見たくもない。
だったら、解散騒動前のコンサートDVDを見るね。
その方が楽しく見られそうなので。

たとえファンでも、無理やり形だけを求めるのは違う。
どんな結果になっても応援するのが、ファンではないだろうか?

と、ここまで書いてみましたが、皆さんはどう思いますか?
ご意見お待ちしています。

・かさこ塾フェスタin名古屋に出展します。
11/26(土)、Space D(A Hall)にて開催。プロフィール写真撮影を行います。
30分、¥2000で何枚でも撮影。写真データはすべてお渡しします。
受付締め切りは11/20まで。
予約申し込みフォーム

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3