伝えるべきはそこじゃない。ノーベル賞受賞報道の違和感。

ノーベル賞受賞のニュースが連日報道されている。

医学・生物学賞では、大隈良典さんが受賞したと、歓喜に沸いている。

ノーベル賞受賞はおめでたい。
研究の結果や業績が認められての受賞だから、受賞した人も、関わった人も嬉しいだろう。
日本の科学研究の力を国外に示す、ステータスの一つでもある。

だが、日本の報道には違和感しかない。
なぜ受賞者のゆかりの地や、中学、高校、大学時代の友人が紹介されるのか。
疑問しかない。
いや、疑問を通り越して呆れる。
馬鹿騒ぎを見たくないから、テレビを消すこともしばしば。

報道すべきは受賞者の人間関係や生い立ちじゃないでしょ。
どのような業績に対して賞を贈られたのか、その研究テーマはどのようなことに役立つのか、世界各国の研究の進展はどうなっているのか、そっちでしょ。

世界各国で展開されている熾烈な競争を勝ち抜いて受賞したのか。
あまり日の目を見ない分野だったけど、近年じわじわメジャーになった分野なのか。

その研究は日本がリードしているのか、他国がリードしており日本では遅れている分野なのか。

報道すべき点はそこ。
決して受賞者をアイドル扱いすることではない。

「これをきっかけに科学の道に進む子どもを増やしたい」と毎年言ってるけどさ、
受賞者の出身小学校や友人関係や行きつけの店を紹介して騒いでいる限り、科学好きの子どもは増えないよ。

研究テーマは何かとか、将来はこのような分野で役立つとか、そういうことを伝えなきゃ意味ないよ。
国内の大学や研究機関にはオートファジーの研究している人がいるから、その人たちに現在のオートファジー研究の現状、展開をインタビューして伝えたっていい。
現象を解明する基礎研究をしている人もいれば、創薬など応用研究に従事している人もいる。
よりオートファジーへの理解が深まるぜ。

そうそう、今年の受賞テーマオートファジーですが、役立つ本がありますよ。
細胞が自分を食べる-オートファジーの謎(水島昇著、PHPサイエンス・ワールド新書

そういえば、週刊少年ジャンプで連載していた『トリコ』という作品にも、オートファジーという言葉が登場します。
主人公のオートファジーが活性化した!という文章です。
正しい意味で使われていたかどうかは疑問ですが。

というわけで、日本の報道機関には、もっと本質的なことを報じてもらいたいものです。
的外れの馬鹿騒ぎで終わらずに、科学の発展へとつながる伝え方をしてください。

ツイッター

フェイスブック