教えるべきは友達を作ることよりも、人との適度な距離の取り方

9/2~4に、大分中津に行きました。
イベントの一環で、2日連続飲み会がありました。

わたしは飲み会があまり好きではありません。
学生時代もほとんど参加しませんでした。
同じ研究室の人と、なぜ研究室外でも一緒におらなあかんのやと思っていたくらい。

そんなわたしですが、かさこ塾の飲み会は出ています。
ブログを読んでいて知っている人もいるし、SNSで見たことあるけど初対面という人もいる。
中には初対面の人もいました。

なぜその飲み会には出ているのかって?
楽しいからだよ。
なぜ楽しいかって?
人との距離の取り方が上手な人が多いから、不愉快にならない。

しつこく話しかける人がいないんですよ。
「あ、この人自分に興味なさそう」「聞かれるの嫌そう」と思ったら、スッと引く。
合う人とはたくさんしゃべくる、そうでない人とは適度な距離を保つ。
互いにいがみ合ったりしない。

参加者の一人から恋愛系の質問があったんだけど、全然不快にならなかった。
相手を不快にさせない話題の選び方や、話し方だったからだと思う。
相手が話題を振られて困っていたら、スッと違う話題に変えていた。
お見事!
昔いた職場で、入社初日に「彼氏いるの?30までに結婚するぞって目標は?」と聞いてきたオパンポよ、見習え!

幼稚園、保育園、小学校でも、「友達を作りましょう」とかいうけど、それよりも先に教えるべきことは、人と人との適度な距離の取り方だ。
小学校高学年になると、「◯ちゃんと仲良くしたいのに△さんが邪魔だ」と言った理由でいじめが発生する。
一人でいるのが好きなのに、「□くんはいつも一人でかわいそう。みんな友達になってあげてね」と言って、ストレスを抱える子供もいる。
好きで一人でいるんだよ。一人でいて誰にも迷惑かけてないんだから、そっとしておけ。

教師も、「一人でいるのが悪い。友達を作れ」とか、頓珍漢なことを抜かす。
バカか。
教えるべきことは仲良しこよしじゃない。
「人にはそれぞれ適度な距離がある。その距離の取り方次第で関係は良くも悪くもなる」ということでしょう。

あまりに距離が近かったら「あいつうざい」と言われて仲間はずれ。
かと言って、LINEの返信が遅ければ「何様だ」と言われていじめに発展。
先日は殺人事件にまで発展した。
川崎の事件から何も学んじゃいない。

生きていく上で、友達を作る方法よりも、人と人との適度な距離を取れる方が何万倍も大事。
人と適度な距離を取れないせいで、人間関係でトラブルが絶えない人もいる。
学校で教えるべきことは「人はそれぞれ違う。人と人との適度な距離を取れるようになれ!」ってことだ。

おててつないで仲良しこよしの教育は、もはや時代遅れである。

・道景マガジン2を無料で送付します。
申し込みフォーム

・かさこ塾フェスタin名古屋に出展します。
11/26(土)、Space D(A Hall)にて開催。プロフィール写真撮影を行います。

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3