察してちゃんと付き合うのは時間の無駄

「なんでわかってくれないの」
「なんで汲み取ってくれないの」

こういう人、周りにいませんか?

わたしは言葉にされないことを察するのができません。
それが原因で人と衝突したこともあります。

口にするのが憚られるようなことなら、察してくれというのはあると思います。
ですが、ほとんどの場合、言葉にすれば済むことです。

ましてや仕事。
ミスなく効率的に進めるのが第一です。
そのような場に、察してちゃんを持ち込む方がおかしい。

言われなくてもわかってくれるっていうのは思い違い。
察するために労力使うなら、言葉にして作業を進める方が時間が無駄にならないです。

察してちゃんとは仕事以外の場でも遭遇しました。

「私なんていなくなればいいんだ。あんたの顔なんて見たくない」と喧嘩。
わたしはその人から去ろうとした。
ところが、「なぜつなぎとめないの!?」とキレられました。

え?
君はどうして欲しいの?
たった今、「顔を見たくない」って言ってただろう。
それなのに繋ぎ止めろって矛盾してね?
どないせぇっちゅうんじゃ!

察してちゃんと付き合うのが無駄だとわかったのが、小学2年のときの出来事だ。

友人とその親と一緒に公園に行きました。
わたしはひとりで公園を探検していました。

戻ってくるなり、同級生が突然言いました。
同級生:「あたしと遊んでくれないなら、もう一緒に遊ばないよ。それでもいいの?」

わたし:「うん、いいよ」

それを言った途端、同級生はギャン泣きしました。

え?
「もう遊ばないけどいいの?」と訊かれたから、「いいよ」って言ったのに。

フォローする同級生の親。
「ごめんなさいね。◯◯(同級生)は本当は一緒に遊んでほしかったの。
また一緒に遊んでくれるかな?」

なんか後味悪い。
一緒に遊んでほしかったら、「一緒に行こうよ」とか、「こっちで遊ぼうよ」とか、言い方があるんじゃないの?
なんでわざわざ遠回しに言うの?
「そんなこと言わないで」って言うのを期待したの?

それ以来、その同級生と遊ぶことはなかった。

察してちゃんは、「言わなくてもわかってほしい、でも、思い通りに動いてほしい」を要求してくる。
できるか、そんなこと。
人はエスパーじゃないんだよ。
言葉にしなければ伝わりません!
伝えるために言葉があるのだから、言葉で伝えましょう。
察し合いで疲弊するのは時間の無駄です。

ビャービャー泣いてなんとかなるのは、言葉が話せない幼児だけ。
言葉が話せるなら、言葉で伝えるべし。

ツイッター

フェイスブック