旅行をスムーズにするためにすべき4つのこと

皆さんは、旅行によく行きますか?
せっかくの旅行なら、ストレスなく楽しみたいですよね。
今回はストレスフリーな旅をするためにすべきことを紹介します。

1)食べ物を準備して飛行機に乗ろう

国内便のみ使える方法ですが、飛行機に乗る時には、あらかじめ機内で食べるものを買っておきましょう。
空港には売店があちこちにあります。
おにぎりやサンドイッチなどの軽食で充分です。
もちろん、飲み物もお忘れなく。

機内販売がない航空機(LCCなどの格安航空)もあります。
また、航空会社を問わず、悪天候のときは、機内販売を中止します。

食べ物がないばっかりに、お土産を食すことがないように。
わたしは福岡に行ったとき、食べ物がなくて、1時間半くらい苦しい思いをしました。

2)ICカードにあらかじめ入金しておくと移動がスムーズ

suica、kitaca、ICOCAなどのIC乗車券を使っている人は、あらかじめ入金(チャージ)しておきましょう。
いちいち切符を買うときに、財布を出す手間が省けます。

¥2000~¥5000近くチャージしておけば、JR、地下鉄の移動がラクラク。
電車の時間に焦ることもありません。
バスでも支払いで使えます(地域、交通会社によります)。

3)すぐに使うものは機内持ち込み荷物にしよう

今年のお盆に、荷物を乗せないまま飛行機を飛ばしたという出来事がありました。
すぐに使うものは、機内に持ち込むのが確実です。

例えば、
財布、IC乗車券、携帯電話、カメラ、仕事の書類、ノートパソコン。
これらは手荷物にした方がいいです。

特にカメラ。
機種を問わず、カメラは機内持ち込みにした方が安全だと、航空会社の人に教わりました。
理由は、預けてしまうとどのように扱われるかわからないし、最悪、カメラが壊れることもあるからです。
カメラは手元に置いておくのが一番安全ですよ。

4)お土産は帰る直前に買うべし

「今しか買えない!」と思って買ったものが、空港にも並んでいたという経験はありませんか?
「今しかない」「ここでしか買えない」という気持ちを持つのもわかりますが、お土産は最終日に買う方がいいです。

あまりに重いものを買って、移動中ずっと持っていなきゃならないなんて地獄でしょ。
旅の間は身軽でいたいですよね。

北海道の場合、新千歳空港に名物がそろっています。
六花亭、白い恋人、北菓楼、もりもと、ロイズetc、お店が隣り合っているのでハシゴするのも簡単。
しかも、空港なら荷物を預けることもできますよ。

この4つを実践するだけで、旅行が快適になりますよ!
それでは、良い旅を!

ツイッター