独立は犯罪?日本の芸能界は閉鎖的。

エンターテイメントを提供する会社こそ、タレントに自由を

人に夢や楽しみを与えることを仕事にしている人が、タレントの自由を奪うっておかしくね?
表では華やかに見えても、裏でタレントを傷つけていては、いつか破綻する。
夢を与える職業なのに、夢を壊している。
そんなんじゃ、おたくの商品は、見向きもされなくなるよ。
応援すればするほどタレントが苦しむなら、応援しない。

そんな時代錯誤なことをしていたら、所属タレントがどんどん退社する。
入所希望者もいなくなるよ。
今、レッスンを受けているレッスン生の家族も、「この事務所は悪質だから辞めなさい。まともな事務所に移りなさい」って言うよ。

昔は芸能人を有り難がる人が多かったけど、今はそれほどでもない。
なぜかって?
昔より芸能界に入るための間口が広がったため、簡単に芸能人になれるから。

芸能事務所が主催するオーディションを受けなくても、YouTubeなどで歌やダンスなどのパフォーマンスをして、全世界に発信することができる。

芸能事務所に所属せず、タレント自身がマネージメントをしている人もいる。
タレント自身が商品であり、マネージャー。いわば個人商店だ。

芸能事務所の力関係でタレントの待遇を決めるのは古すぎる。

アメリカではタレントの力が第一。
活躍できるも否も、タレント次第。
事務所と合わなくなったら、移籍するのも当然。
まさに、タレント自身が個人商店を経営しているようなものだ。

日本の一般社会もそうでしょ。

一つの会社に長く勤める生き方もあるけど、技術を学んで独立する人もいるし、会社を転々とする生き方もある。
一般人ではお咎めなしなのに、どうして芸能人は独立NGなんだ?
今は平成28年だけど、芸能事務所経営者は昭和91年なのかな?

経営者に逆らえない体質をやめない限り、遅かれ早かれ衰退するよ。
もう充分稼いだんでしょ。
だったら、快く独立させてやればいい。
そうすれば、タレントも、事務所も傷つかなかった。

何度も言うよ。
エンターテイメントがタレントの犠牲の上に成り立っているのは絶対におかしい。

ここまで書いてみましたが、読者の皆さんはどう思いますか?
ご意見お待ちしています。

・道景マガジン2を無料で送付します。申し込みフォーム

・かさこ塾フェスタin大分中津に出店します。
9/3(土)、10:30~17:00。中津文化会館にて開催。
写真展示、道景写真ポストカード販売、写真撮影相談をします。
フェスタのページ:http://festa.kasako.jp/2016/oitanakatsu/

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3