SMAP解散発表に思う。エンターテイメントはタレントの犠牲の上に成り立つものであってはならない。

SMAPが解散を発表した。
最初の思いは、「ああ、やっぱりね」。

わたしはSMAPが好きだ。
だが、解散していいと思っていた。
騒動前と同じように、楽しく見ることができなくなったからだ。

事務所も、「解散はない」「命に代えても守る」とか言っていたけど、結局守れなかったでしょ。
まぁ、守るとは思ってないが。
あの一件で「うちはクソ事務所です。所属タレントは奴隷です」と全世界に知らしめたからね。

SMAPの解散騒動を見てから、「エンターテイメントはタレントの犠牲の上に成り立っているのかな?」と思うようになった。

「役者になりたい」「自分の思いを歌で届けたい」という目標を持って芸能活動すること自体は悪いことではない。「トップスターになりたい」という野心でもいい。

ファンには笑顔を見せていても、一般人には立ち入れない領域で、利権争いだの事務所同士の抗争だのがあったとしたら、エンターテイメントってなんなんだろう。

タレントが苦しんでる姿を見て、だれが楽しめるの?
スターが頭を下げている姿を見て、ファンが喜ぶとでも思ったのか?
苦しんでいる人を見て楽しめるわけがない。

エンターテイメントは人に楽しさを提供する仕事だ。
その楽しさは、タレントの犠牲の上に成り立つものであってはならない。

・道景マガジン2を無料で送付します。申し込みフォーム

・かさこ塾フェスタin大分中津に出店します。
9/3(土)、10:30~17:00。中津文化会館にて開催。
写真展示、道景写真ポストカード販売、写真撮影相談をします。
フェスタのページ:http://festa.kasako.jp/2016/oitanakatsu/

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3