サイレントは学生にも企業にも百害あって一利なし

今朝のニュースで、「就活サイレント」に悩む学生が取り上げられていた。
サイレントとは、面接を受けた会社の合否や、次の面接の連絡が来ない状態のことを言う。

学生はいつ面接が入るかわからないから、他社を受けにくい。
終わりの見えない就活に心を病んでしまう人もいる。
昨年、「オワハラ」が蔓延した。
オワハラとは、「内定を出すから就活やめて」「他社の選考を辞退しないと内定を出さない」と言って、応募者を囲い込むやり方だ。
この方法は自粛するように通告されたため、今年はオワハラではなくサイレントが蔓延している。

なぜ企業はサイレントをするのか。

企業は応募した学生をランクごとに分け、上位のグループには内定を出す。
だが、内定を出した学生全員が入社するわけではない。
中には辞退者も出てくる。
辞退者が出たときに、欠員補充しなければならない。
その際、応募したけど内定を出さなかった学生に面接の連絡をして、さも選考が進んでいるかのように見せかける。

学生よ!
「サイレント=キープ」だ。
会社に遠慮することはない!
どんどん他社を受けろ!

恋愛で考えてみてよ。
好きな人がいるけど、その人には彼氏(彼女)がいる。
「キープでよければ、付き合ってあげる」って言われたらどう?
付き合いますか?

たぶんね、その恋愛うまくいかない。
あなたがガンガンメールやLINE送っても、相手は返信しない。
だってそうでしょ。
あなたは本命に振られたときの保険にすぎないんだから。

就活もそれと同じ。
いつ来るかわからない連絡を待つ間に、どんどん他社を受けなきゃ。
待った結果が不採用だったらどうすんの?

仮に、「面接します」って連絡きても、そのときには内定取って見返してやれ!
「あんたの連絡が遅かったから、他に決めました」って振ってしまえ!

会社もさ。
「いい応募者がいない」なんて嘆いているけど、自分で応募者を逃してんだよ。
サイレントなんてセコい方法で囲い込んだりするから、他社に行かれるんだ。

わたしが昔受けた会社(大学)で、連絡が遅いところがあった。
連絡遅い会社にまともな会社はないということを身をもって知ったよ。

そこは中途採用の募集だった。
わたしの後にも応募者がいるとのことで、すぐには内定を出せないと言われた。
採用の連絡があったのは1ヶ月以上経ってからだった。

1ヶ月以内に連絡すると言っていたが、全然音沙汰なし。
応募の状況を聞いてはみたものの、連絡ゼロ。
メールの1行もかけないんですかね。

採用の連絡から2ヶ月後、その大学に内定取り消しに遭いました。

思ったとおり。
「連絡が遅い=まともじゃない」職場でした。
いくら何でも連絡しなさすぎ。
スパッとその場で採否を決めれば、無駄な時間を使わずに済んだのに。
しかも断り方が下手。
わざわざ大学の評判を下げるやり方してました。
近隣の大学では、ブラックリスト入りしている大学です。
離職者が多いことで有名でした。

あ〜あ。
日本の会社ってどんだけオパンポなの?

もうさ、一人1社しか受けられないようにしたらいいよ。
全部の会社が、決まった日にしか採用試験を行わないの。
1日で筆記試験と面接をするから、応募者は他社を受けることができない。

会社は入社の意思がある人だけから選ぶことができる。
1日で全部採用試験を終えるから、何日も採用活動に時間をかけなくてもいい。

え?
これじゃ学生は不利じゃないかって?
何日も就活に費やすよりもいいでしょ。

そこで募集人数に達していない会社と、選考にもれた学生とで、また採用試験を行う。

疑問に思ったんだよね。
外国人留学生の採用試験は1日で終わるのに、なんで日本の学生の採用試験はこんなに冗長なんだろうって。
1日で、筆記試験も人事部の面接も社長面接も終わってたよ。
海外ではできるんだから、日本でもできるっしょ。
それとも何?
学生を無駄に疲弊させたいの?

いかがでしょう?
金と時間の節約にもなって、企業にも学生にも無駄がない方法だと思うけどなぁ。

というわけで、サイレントの状態が続くなら、もう脈はないと思って次に行きましょう。
いつ来るかわからない連絡を待てるほど、人生は長くないのです。

・道景マガジン2を無料で送付します。申し込みフォーム

・かさこ塾フェスタin大分中津に出店します。
9/3(土)、10:30~17:00。中津文化会館にて開催。
写真展示、道景写真ポストカード販売、写真撮影相談をします。
フェスタのページ:http://festa.kasako.jp/2016/oitanakatsu/

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3