人前での親の呼び方は注意すべし

最近思うこと。
小学4年以上で、人前で「お父さん」「お母さん」と言うのは恥ずかしいからやめた方がええよ。
わたしは、外で親のことを呼ぶ時は、「父」「母」と言うように言われて育ちました。
そのため、「お父さん、お母さん」と言っている人を見ると違和感を覚えるのです。

そこは、「父」「母」だろうと。

人前で「お父さん」「お母さん」と呼んでいいのは、せいぜい9歳まで。
10歳以上になったら、問答無用で、「父」「母」と言うように言われていました。

父、母に限りません。
祖父母、兄、姉の場合も、「おじいちゃんが〜」「お姉ちゃんが〜」と話す人を見ます。
その呼び方は家族間の呼び方にしておいた方がいいよ。
外では、「祖父」「祖母」「兄」「姉」で通じます。
弟、妹は、そのままです。便利ですね。

家族間ならどう呼ぼうと自由です。
が、人前では呼び方を変えた方がいい。
就職の面接で、「お父さんは〜」と言ったら、どんなに経歴が素晴らしくても一発アウト。
20歳過ぎて、他人に「お父さん」なんて言う人は、採用しないと聞きました。

家族の呼び方ですが、時と場合によっては知らずに恥をかく場合もあるので、ご用心。

・道景マガジン2を無料で送付します。申し込みフォーム

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3