北海道への移住はハイリスク・ハイリターン

「魅力ある都道府県第1位」の座に君臨している北海道。
確かに、北海道はなまらいい場所です。

でも、北海道は、良いことばかりではありません。
以下、北海道民がデメリットと感じることです。

北海道のデメリット

  • 札幌市以外、仕事が少ない。しかも給与が安い
  • 医師と看護師以外で、高給を得られる職種の募集が少ない
  • 車が1家に1台必要。しかも寒冷地仕様、4WDでないと動かない(車代がかかる)
  • 自動車保険の料金が内地よりも高め(寒冷地価格)
  • 物価が高い(北海道価格)
  • 物流が悪い。品物の発送・到着が遅い。冬は雑誌の発売が、内地より2〜3日遅れる。
  • 電車が度々止まる(JR)
  • 札幌市以外、総合病院がない。受け入れ先の病院を探すのに3〜4時間かかることはザラ
  • どこの市も財政が危ない

医者と看護師以外の職業だと、求人数も少ないです。
収入も内地の方が断然いいです。
6〜7万円くらい月収に差があります。
医師と看護師は、常時人を募集しています。

会社勤めをする人は、札幌市内に移住しないと厳しいです。
全道の人口のうち、約4割が札幌市に集中しています。

「農業で生計を立てる」
「地域おこし協力隊に参加して、市町村の職員として働く」
これらの具体的な目標があるのなら良いです。

しかし、「北海道ってなんとなくいいなぁ〜」という感覚で行くと、痛い目に遭います。
これはマジ。

観光名所で人気の富良野・美瑛ですら、エリアによっては僻地です。

DT7A0589

美瑛町にあるルベシベへき地保育所。わざわざ「へき地」と名乗る。

周囲は畑だけ。
店や住宅があるエリアに出るには、車で約30分はかかります。
車がないと、生活が成り立ちません。

でも、北海道は内地にはない魅力がたくさんあることも確か。
自然に囲まれる、夏も涼しく過ごせる、季節の移り変わりを楽しめる、街がコンパクトにまとまっているなど、言葉で表せないくらいのメリットが山ほどあります。

2012年に北海道に戻って3年経ちますが、「北海道から出たくない」とすら思います。
2017年に茨城に移りましたが、北海道を懐かしむことが多い。
茨城も良い場所ですが、やはり北海道が一番良い場所。
わたしにとっては。

移住希望エリアを下見しよう

メリット・デメリットを挙げてきましたが、結局はその土地を好きになれるかどうかです。
不安要素がある人は、あらかじめ下見しておきましょう。

札幌市の情報は入手しやすいですが、札幌市街の情報は入手しにくいです。
ネットに載っていることだけで満足せず、実際に見てみましょう。
「思ってたのと違う」かもしれないし、「思った以上にいい」かもしれませんよ。


北海道で働く!地域おこし協力隊ポータルサイト

地域おこし協力隊

indeed in(地域おこし、北海道と入力すれば見つかる。他の職種、地域でも検索可能)

内地から北海道に移住した人の話を聞くと嬉しくなる道景写真家
夏澄

※写真の無断使用を禁じます

ツイッター