人通りが多い場所はスローシャッターで撮影しよう

理由は以下。

写真に写った人が誰かを特定されないようにするため

元日でもない限り、街中には人が溢れかえっています。
そんな中で街角の風景を撮ろうとすると、通行人を写さずに撮影する方が難しい。

街の風景を撮っているのに、カメラを向けられたと言われたらどうしますか?
ブログやSNSにアップした写真に対して、苦情が来たらどうしますか?

このようなトラブルを未然に防ぐためにも、人通りが多い場所はスローシャッターで撮影しましょう。

DT7A0612

これは天神地下街(福岡)で撮影した写真です。
シャッタースピードを1/4秒にして撮影しました。

人はぶれていますが、店や駅の案内はしっかり写っています。

スローシャッターと言っても、三脚を使う必要はありません。
1/4秒〜1/10秒といった、手持ち撮影に耐えうるシャッタースピードで充分です。

「天神地下街は暗かったから使えたんでしょ?」と思う方もいるかもしれませんね。
ご安心を。明るい場所でも使えます。

DT7A8419

新千歳空港で撮影。シャッタースピードは1/8秒。

一眼レフカメラの場合、シャッター優先モード(Sモード、Tvモード)で、シャッタースピードを指定して撮影すると上手く撮れます。
スマホは元々スローシャッターなので、ピントを合わせる場所次第で通行人をブらせます。
iPhone4で、シャッタースピードは1/15秒でした。

せっかく写真を撮るなら、皆に見て楽しんでもらいたいですよね。
写った、写ってないでいさかいを起こさないためにも、関係ない通行人はスローシャッターで撮影して、個人を特定できないように写すのがベターです。

写真の無断使用を固く禁じます。

・道景マガジン2を無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3