人物写真が劇的に上手になる2つのコツ

旅行でも、日常でも、人物写真は誰もが撮ります。
今回は、人物写真が上手になる2つのテクニックを紹介します。
これを覚えれば、あなたの写真が格段に良くなりますよ。
モデルの孫悟空さん、お願いしま〜す。
(TEAM NACSの人形劇「モンキーパーマ」の孫悟空を自作しました。
大泉洋さんが演じています)

鉄則:串刺すな!首切るな! 


DT7A4046

Fig.1 串刺し写真。「いててててっ」

DT7A4047

Fig.2 串刺し写真(斜め) 「ああっ。いてててっ」

DT7A4059

Fig.3 首切り写真 「おいおい、スターが台無しじゃねぇかっ」

Fig.1~Fig.3は、どれも痛々しいですよね。
このように、人物写真で電柱を刺したり、首で切ったりしてはいけないのです。
見ていて気分がいいものではないし、不自然です。

解決策を紹介します。

1) 柱や電柱がない場所を背景に選ぶ

当然と言えば、当然ですよね。
最初から、串刺し写真にならない場所を背景に選べばいいのです。

万が一、縦線がたくさんある場所を背景にするなら、顔(頭部)を線と線の間に入れましょう。

DT7A4058

Fig.4 串刺し写真回避例

人物よりも幅があるもの、大きいもの(樹木など)を背景にする場合は、串刺し写真とはならないので問題ないです。孫悟空の表情も穏やかですね。

2) 人物は胸から上で切る

人物撮影の基本でもありますが、原則、胸から上を写します。
背景に看板や絵を入れたいなら、胸から上で切りましょう。

DT7A4084

Fig.5 アジサイと孫悟空
顔全体と胸部が写っています。自然ですね。

DT7A4079

Fig.6 頭部を少し切るバージョン

こちらもアジサイと一緒に撮影。
孫悟空の頭部が若干切れていますが、顔や首は切れていません。
不自然さはないです。

万が一、画面に収まらなかったら、頭を切りましょう。
「頭切っても首切るな」です。

3) 青系のホワイトバランスは使わない

DT7A4085

ホワイトバランスを電球にして撮影しました。
アジサイは綺麗でも、人物が青ざめたら本末転倒です。

好きな芸能人の写真集や、ファッション誌などの雑誌を見てください。
首切り写真や串刺し写真は1枚も掲載されていないはず。
雑誌の写真からも、人物撮影上達のコツを学べますよ。

写真の無断使用を固く禁じます。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3