[カメラ基礎講座]一眼レフビギナー必読!カメラの選び方

「一眼レフカメラが欲しいけど、どれを買えばいいのかわからない」
「一眼レフカメラって難しそう・・・」

そんな方、ぜひお読みください。
これを読んでからカメラを選んでも遅くありません。
カメラは逃げませんよ。そして、難しくないです!

手になじむカメラを選ぶべし!!

どんなに流行りの服でも、自分が好きでなければ袖を通すことはないですよね。
それと同じで、「最新機種って言われたから買ったけど、自分的にイマイチ・・・」となったら、使う回数も減ります。

自分が一番気に入った機種を買えば、撮影回数も必然的に増えます。
手にフィットするって大事ですよ!

えっ、それじゃ答えになってないって。
うん、確かに。
じゃあ、一眼レフカメラを買う際に知っておくと役立つことを紹介していくよ。

1) 初心者は、Canonかニコンから選ぶべし

現在のカメラのシェアは、Canonが50%、ニコンが40%です。
これらの2社から選ぶメリットは以下。

  • 初心者向けの機種(エントリー機)からハイアマチュア、プロ用まで、幅広い種類の機種がある
  • 使えるレンズが多い(これ大事!)
  • ユーザーが多い
  • 本やネットなどで、情報を入手しやすい
  • シグマ、タムロンといったメーカーのレンズも使える

カメラを取り扱っている店で、この2社のカメラを扱わない店はないくらいです。お試しで使うこともできるので、まずは手にとってみよう。

他にも、PENTAX、SONY、RICOH、SIGMAなどのメーカーがあります。
これらのメーカーのカメラでも、交換レンズを使えるので、気になったら手にとってみてください。

2) カメラは大きく2種類に分けられる

160325_camerakiso-1Fig.1 一眼レフカメラの種類

フルサイズと、APS-Cという言葉が出てきました。
どちらの言葉も、イメージセンサーの大きさを意味します。

フルサイズのイメージセンサーは、昔の35 mmフィルムとほぼ同じで、36 mm x 24 mm。APS-Cのイメージセンサー※は、フルサイズよりも少し小さい、23 mm x 15 mm。
 (※注:APS-Cのセンサーサイズは、メーカーにより異なります)

160325_camerakiso-2Fig.2 フルサイズとAPS-Cのセンサーサイズ

センサーサイズとは、トリミングする大きさのこと。
フルサイズの方が切り取る面積が大きく、APS-Cは若干小さい。

160325_camerakiso-3
Fig.3 フルサイズとAPS-C、それぞれがトリミングする範囲
APS-Cを赤枠で、フルサイズを青枠で示しています。フルサイズの方が切り取る枠が広いですよね。

「APS-Cはフルサイズに劣るのか」と思う方もいるかもしれません。
しかし、そんなことはないのですよ。APS-CにはAPS-Cのメリットがあります。

3) センサーサイズによる機種の分類

2016年3月現在、生産・販売している一眼レフカメラを、センサーサイズで分類しました。

160325_camerakiso4-canon
Fig.4 センサーサイズによる機種の分類(Canon編)

160325_camerakiso5-nikon
Fig.5 センサーサイズによる機種の分類(ニコン編)
※ニコンの場合、APS-CサイズをDx、フルサイズをFxと記載しています。

Canonの場合、すべてのエントリー機(EOS kissシリーズ、EOS 8000D)がAPS-Cです。
EOS-1Dxの後継機と言われたEOS 7D mark2(7D2)も、センサーサイズはAPS-Cです。
わたしは7D2を使っていますが、センサーサイズで不満を感じたことは一度もないです。

6Dは入門用フルサイズカメラとも言われています。
5Dシリーズは、プロでも使用者が多い機種。

ニコンは今年4月、D500が世に出ます。Canonの7D2に相当する機種です。

ここまで、カメラ本体について説明しました。
カメラの基礎知識はレンズでも活きます。
レンズはカメラよりも幅広いですよ。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3