[アプリ]ネット上に写真をアップする前に、Exif情報を削除すべし!

撮影した写真をそのままアップするのは危険!
写したものに関係なく、写真にはExif情報が付加されています。
Exif情報には、以下のものが記録されます(Wikipediaより引用)。



撮影日時 
撮影機器のメーカー名(製造・販売元) 
撮影機器のモデル名(カメラ付き携帯電話スマートフォンの機種名など)
画像全体の解像度
水平・垂直方向の単位あたり
解像度
撮影方向
シャッタースピード絞りF値
ISO感度測光モード
フラッシュの有無
露光補正ステップ値
焦点距離
色空間(カラースペース)
GPS情報 – GPS付きカメラの場合、緯度経度標高など
サムネイル(160×120画素)

恐ろしいのはGPS情報。カメラ本体のGPS機能をオフにして撮影しているので表示はされなかったものの、気分がいいものではないですよね。
でもご安心を。Exif情報を削除するアプリがあります。

イメージオプティム(ImageOptim)で情報を削除しよう

検索エンジンに「イメージオプティム」と入力すると、すぐに見つかります。
お使いのパソコンにインストールしましょう。5分もあればできますし、使用料は無料です。

150710_Imageoptim-1
Fig.1 インストールが完了したイメージオプティム

使い方も簡単。
アプリを起動して、Exif情報を削除する写真データ(JPEG、PNG、TIFF)をアプリ内にドラッグするだけ。
複数ある場合は、画面左下のフォルダから、ファイルを選択することもできます。

150710_Imageoptim-2
Fig.2 イメージオプティムを起動したところ

あとは、起動したアプリに、ファイルをドラッグ&ドロップするだけ。
情報の削除は自動的に行われます。

見られたくない情報を削除し、画質は落とさずにデータサイズを小さくしてくれるので一石二鳥。

本当にExif情報が削除されているか確認してみてください。
アプリに放り込んだファイルをプレビューで開き、情報を開きます。
command+Iでも見られます。それでは、ビフォーアフターをご覧ください。

150710_fig3_before
Fig.3 撮影したままの写真データにはExifの欄があります。このままアップするのはキケーン。

150710_fig4_after

Fig.4 イメージオプティム処理後。情報の項目が減りました。
カラーモデル(RGBなど)や、ファイルの大きさの情報のみになりました。

これならアップしても安心です。
原則、カメラのGPS機能はオフ。
スマホなら、位置情報をオフ。
そして、アップする写真は全てExif情報を削除することを習慣にしましょう。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3