希望する仕事に就く方法は応募すること

「そんなの当然だろう」「とっくにしてるよ」と言う人もいるでしょう。
でも、本当にそうでしょうか。

「本当は◯◯の仕事がよかったのに・・」と嘆く人は、必ずと言っていいほど、応募していません。
せいぜい、有名企業10社程度しか応募してないんです。
「大学なんて任期付きの仕事しかないから応募しない」「大手以外は情報が手に入らない」「どうせ、新卒採用枠なんてない」そんな理由をつけて、応募を諦めていませんか?
「本当に調べたんかい?」と聞くと、「大手企業10社程度しか出していない」と答えます。

わたしは大学の実験助手をしています。
実験以外の仕事をする気が起きなかったので、「実験ができる職種」に片っ端から応募しました。
大学で50箇所、民間企業も含めると、80通は応募しています。
大学は、「着任時期が合わない」という理由で、門前払いでした。

新卒で実験助手を採用するのは、卒業3ヶ月前頃からです。
だから、その前に応募しても落とされるとは言われていました。
でも、応募しました。何故か。採用されたかったからです。

実は、中途採用枠でも、1箇所だけ採用してもらえました。
11月に内定取り消しに遭いましたが、翌年すぐに別の研究所に採用されました。

内定取り消しは、よほど悪質な職場でない限り、ないです。
最初に採用された職場は、2週間で人が辞めるという評判の悪い研究所でした。
内定取り消されてラッキーでしたよ。

話は逸れましたが、応募しないことには採用されないのです。
やらない理由をつけて応募しないより、だめもとでも応募する方が、希望する仕事に就ける確率が高まりますよ。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3