女性にのみ気遣いを求めるのは差別であり、時代遅れである

男性なら、多少気が利かなかったり、気遣いが出来なくても大目に見てもらえますが、女性だとそうはいきません。「女の子なのに気が利かない」と言われます。

これは、女性に依存した差別です。

女性は気配り、気遣いが出来て当然って、どれだけ甘えているんだ。
世の女性はあなたの母親ではありません。

書店でも、『気配りが出来る女性になる◯ケ条』『気が利く人になるための◯個の方法』 の類の本が並んでいてうんざりします。
時代は平成になっても、女性は男性を支える役割を担わされるのかと憤りを覚えます。
男性に養ってもらわなくても生きていける時代なのだから、他人よりも自分自身を支えられるようにしましょうよ。

他人ほどアテにならないものはない
「気が利く」は他人をアテにした言葉です。
他人ほどアテにならないものはないんだから、「あの人は気が利く(利かない)」というのはもう終わりにすべき。あなた以外の人にも人生があります。
あなたを満足させるために彼女らは生きているのではありません。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3