クレしん映画に思う。原発と共存はできない。

映画『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語』を観た。

昨年公開した映画のテレビ放送だ。

この映画を観て思ったことは、「キラーサボテン=原発」なんじゃないかということ。

(ここからネタバレ注意)

しんのすけの父・ひろしが、メキシコに転勤を命じられる。

メキシコに移住する野原一家。そこはサボテンにより発展を遂げた街。

サボテンの花の蜜により、さらなる発展を目論んでいた。

街でサボテンフェスティバルが開催された。

発展の象徴であるサボテンの花が咲くと、お祭りモードだった会場が一転、悲劇の場と化す。

そのサボテンはキラーサボテンという、人を次々に飲み込んでしまうサボテンだった。

残ったのは野原一家とご近所さん数人。

キラーサボテンから逃れる方法を模索するも、市長は「サボテンとの共存を図る」「街の発展にはサボテンは必要不可欠」と主張する。
そのため、サボテンから逃げる方法を実践するも、市長のせいでことごとく失敗に終わる。

残った人たちと協力して、サボテン退治する野原一家。

最初はサボテンを守ろうとしていた市長も、サボテン撃退に参加し、キラーサボテン退治に成功しましたとさ。でめたしでめたし。

市長が「キラーサボテンとの共存」を主張した際に反対したセリフが印象に残っている。

市長「サボテンがあるから街が発展した。だから、街の復興のためにはサボテンが必要なんだ」

しんのすけ「みんなって誰?街には誰もいないよ」

市長「サボテンがなければ、街は発展しない。サボテンは発展に必要なんだ」

スマホちゃん「あんたバカなの?人食いサボテンと共存できるわけないじゃない」

劇中にこのようなセリフがある。

最初は貧しい街で、仕事もなく、頑張ろうと誓った仲間も街を去っていった。
でも、サボテンが出来てから、街は発展した。
仕事もある、テーマパークもある、サボテンが街にもたらした恩恵は計り知れない。

サボテンを原発に置き換えてみる。

最初は貧しい街で、仕事もなく、頑張ろうと誓った仲間も街を去っていった。
でも、原発が出来てから、街は発展した。
雇用が生まれ、国からのお金でテーマパークも作れた。
街の経済が潤った。

決定的に違うところがある。

キラーサボテンは水をかけて死滅するが、原発は水をかけても死滅しないこと。

5年前の震災による津波で、福島第一原発の全電源が喪失した。

そのため、ベントという手段を使って、放射性物質の格納容器を守った。

ベントにより、放射性物質の一部が外部の空気中に漏れた。

それが原因で、漁師や農家など、収入を断たれた人たちがいる。

産地が被災地のものだとわかると、途端に売れなくなった。

中には命を絶つ人もいた。

「故郷に帰りたい」と言いながら、ずっと戻れない人もいる。

そんな原発と共存できるわけないんだよ。

原発こそ、キラーサボテンだ。

しんちゃんの映画は直接、「原発は悪だ」とは言っていません。
あくまでも私の感想です。
怖い描写もあるけど、何度でも泣けて笑える映画です。ぜひ見てね。
4/16から新作映画も公開するよ。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3