他部所へのヘルプを許さない会社は人件費を無駄にしている。

わたしが過去に勤めていた職場での出来事。

他部所の仕事を手伝うのがそんなに悪いのか!?
当時、 新入社員だったので、できる仕事は限られていました。
ある日、自分の仕事が午前中で終わり、何もすることがなかったので、他部所の人からヘルプを依頼されて手伝いました。結果、上司の怒りを買いました。
「自分の仕事が終わり、同じ部署でできることはないから手伝った」と言ったところ、「あとで仕事を振ろうと思ったのに」とキレられました。(結局、仕事はなかった)。
「では、空き時間にネットサーフィンして待っていろとでもおっしゃるんですか」と言ったところ、「その方がまだマシだ」と上司。何てバカな会社。古すぎます。
カビの生えたチーズより古っ!

仕事をしてもしなくても、人件費は発生します。

ネットサーフィンしている人に給料支払うのが、人件費の無駄だと気づかないのでしょうか。
新人だろうがどんどん仕事を教えて、できる範囲を増やす方が、リターンが大きいですよ。
それを、「時期が来たら教える」なんて出し惜しみしているから、1〜2年で辞められちゃう。
いつまでも上司や先輩という名の補助輪はいりません。

所属部署に関係なく、同じ装置を使う、同じ作業をするのなら、手の空いている人にアシストしてもらって早く終わらせる方が、長期的に見て得ですよ。残業代を払わなくていいんだもの。
空いた時間分、早く終わったら早く退社できるとか、次の仕事の準備をする時間に充てる方が生産的です。実施している会社もありますよ。

こんな当たり前のことも気づかない会社は、遅かれ早かれ倒産しまっせ。マジで。

ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3